筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

  • TOP
  • タイシンブログ
  • 【大阪校】浦野先生より「国立大学受験者にメッセージを送りたいと思います」

タイシンブログ

【大阪校】浦野先生より「国立大学受験者にメッセージを送りたいと思います」

カテゴリ:現役生情報

こんにちは。大阪校の浦野です。

今回は、国立大学受験者に、
メッセージを送りたいと思います。





センター試験が終わり、
いよいよ国立大学の出願です。

タイシンでは、
センター試験直後から
出願相談の電話が鳴りっぱなし。

各地で実施している相談会にも、
大勢の人が相談に訪れています。

さて、もう出願する大学は決まりましたか。
まさか、リサーチ結果のABCに振りまわれて
まだ迷っているようなことは、ないですよね。



ここで、私の自慢の教え子を二人紹介します。

S__6660104.jpg
左:松浦佑希さん   右:堀口文さん


先日「つくばカピオ」で行われた
ラート全日本選手権の表彰式後の写真を、
送ってもらいました。

ラートとは、大きな金属の輪を操り、
その美しさ、力強さ、正確さを競う、
ドイツ発祥の競技です。


S__6660106.jpg
 

S__6660107.jpg

 


実は、現在、日本ラート界をけん引しているのが、
この二人。今回の日本選手権も
各種目の優勝、準優勝を独占し、
世界選手権の代表にもなっています。


S__6660108.jpg


しかし、私が自慢したいのは、
その競技成績だけではありません。




実はこの二人、タイシンの本科生でした。


つまり、どうしても筑波に行きたくて、
タイシンの門を叩き、
センター試験の点数をあげ、
実技対策をやり切って、合格しました。


そして、筑波大学では、大学院に進み、
しっかり論文も書いて、
今では、大学の先生なのです。


堀口さんは、筑波大学の特任助教。
松浦さんは、宇都宮大学の助教。


おそらく、お二人とも、
大学に合格した時には、
大学の教員になるとは
思っていなかったのではないでしょうか。


タイシンで学んだ人たちの中には、
研究者や大学の教員になっている人もたくさんいます。


大切なことは、
自分が目指す目標に対して、
逃げず、あきらめず、全力でぶつかること。


そして1つ大きな壁をぶち破れば、
次の大きなステージが開けると信じることです。


今でも、彼女たちが、
キラキラした目で、
「タイシンで頑張って筑波行きます!」
言ってきたのを鮮明に覚えています。



国立大学を目指すみなさん

タイシンは、エールを送ります!



恐れずに、ブレずに、

まっすぐ目標を見据えて

頑張ってください!




タイシンでは、国立大学受験生応援イベントを開催中です!

また、国立大学受験に関する質問を受験生だけでなく、保護者・高校教員の方からも受け付けております。

お気軽にご参加・ご利用ください。



 


コメントする