筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

  • TOP
  • イベント
  • 共通テストD判定から筑波大学体育専門学群に合格?!

共通テストD判定から筑波大学体育専門学群に合格?!

タイシンならD判定でも受かる!?①.jpg

共通テストのリサーチで、受験校の変更を考えている方、悩んでいる方、きっと多くいると思います。

確かにリサーチの結果は受験校を決める大事な指針です。

しかし、特に体育・教育系大学は、共通テストと2次試験の配点比や試験内容などによって結果が大きく変わる入試でもあります。

以下はタイシン独自で調査した筑波大学体育専門学群の受験生データを集約したものです。

2次試験対策をしっかりと行い、合格を勝ち取った先輩たちがこんなにいました。
 

D判定で合格?!


実はD判定でもこんなに合格者がいます


リサーチ結果69~64%(D判定)の受験生の合否一覧

得点率 合格者数 不合格者数
69% 4名 10名
68% 5名 4名
67% 1名 12名
66% 3名 4名
65% 3名 5名
64% 1名 10名

D判定17名(27%)が合格

3人に1人が合格!

※このデータは体育進学センターが調査したもので、大学が公表したものではありません。
 

C判定でもこんなに…



リサーチ結果73~70%(C判定)の受験生の合否一覧

得点率 合格者数 不合格者数
73% 5名 13名
72% 4名 5名
71% 8名 2名
70% 4名 9名

C判定で21名(42%)が合格

2.5人に1人が合格!

※このデータは体育進学センターが調査したもので、大学が公表したものではありません。

 



 タイシン実例ファイル 


 

http://www.e-taishin.com/event/common/img/taishin-kokuritsu-up1.jpg

先輩たちが受講したのはこちらのコース!
 


A・B判定でも不合格

※このデータは体育進学センターが調査したもので、大学が公表したものではありません。

A判定でもこんなに不合格者が…


リサーチ結果89~78%(A判定)の受験生の合否一覧

得点率 合格者数 不合格者数
89% 1名 -
88% 1名 -
87% 2名 -
86% 2名 -
85% 4名 -
84% 3名 1名
83% 6名 1名
82% 4名 3名
81% 8名 3名
80% 6名 -
79% 4名 -
78% 6名 7名


A判定で15名(24%)が不合格

4人に1人が不合格!

※このデータは体育進学センターが調査したもので、大学が公表したものではありません
 

過去にもA判定からの不合格者がこんなに…(2020~2018年度入試)


得点率 不合格者
2020年度 2019年度 2018年度
90% - - 1名
89% - 2名 1名
88% 1名 3名 -
87% 2名 - -
86% 3名 2名 -
85% 2名 1名 3名


※このデータは体育進学センターが調査したもので、大学が公表したものではありません
 

B判定でもこんなに不合格者が…


リサーチ結果77~74%(B判定)の受験生の合否一覧

得点率 合格者数 不合格者数
77% 6名 10名
76% 10名 9名
75% 6名 8名
74% 8名 5名


B判定32名(51%)が不合格

2人に1人が不合格!

※このデータは体育進学センターが調査したもので、大学が公表したものではありません。


C・D判定で
なぜ合格者がこんなに?



それは、筑波大学の実技点数の配点比率が非常に高いからです。


だから皆さんには共通テストの点が伸び悩んだとしても、最後まで諦めずに受験に挑む姿勢を忘れないでほしい!


筑波大学 入試配点

http://www.e-taishin.com/feature/img/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%28%E7%AD%91%E6%B3%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E4%BD%93%E8%82%B2%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AD%A6%E7%BE%A4%29%E5%85%A5%E8%A9%A6%E9%85%8D%E7%82%B9.jpg


・共通テスト5教科:700点
・実技2種目:600点
・論述試験:100点
・調査書:20点


合格者のリサーチ最低点/合格最低点

2021年 451.5点
(64.5%)
1070点
(76.4%)
2020年 433.3点
(61.9%)
1078点
(77.0%)
2019年 480.9点
(68.7%)
1105点
(78.9%)
2018年 475.3点
(67.9%)
1083点
(77.4%)


(各大学で差はありますが)二次試験の配点比率が高い程
共通テストからの逆転合格が可能となります。

また筑波大学は一般入試の定員が126名!鹿屋体育は60名!

決して狭き門ではありません。
 





国立大学の選考は、
学科+実技で合否が決まる
にも関わらず…


国立の体育・スポーツ・教育系受験生の多くは、3年生の部活動引退と同時に勉強だけに集中し、実技は共通テスト終了後(1月中旬)から準備をするというケースが多くみられ、内容も分からずに受験する受験生がいます。

タイシン創立40年目においても、このケースは昔も今も変わらない。

だからこそ二次試験対策をしっかりと行うことで、A・B判定で逃げ切ることができ、C・D判定から逆転合格する、もしくはTOP合格を狙う事だってできます!!




タイシンの合格者数が
ぐんぐん伸びています!!


筑波大学体育専門学群の合格者数が年々ぐーーーーんと伸びています!!

2017年・2011年には筑波大学トップ合格も輩出できました!!

※多くの方に利用して頂いているからこそ出せる数字です。


グラフとタイシンくん.png

 

2021年 47名
2020年 37名
2019年 46名
2018年 35名
2017年 25名
*筑波TOP合格者輩出!
2016年 27名
2015年 27名
2014年 18名
2013年 25名
2012年 15名
2011年 17名
*筑波TOP合格者輩出!



 

今現在お使いの保健体育の教科書で構いません。

 タイシン実例ファイル 


 

http://www.e-taishin.com/event/common/img/taishin-kokuritsu-up2.jpg

先輩たちが受講したのはこちらのコース!
 




2017年度・2011年度入試に
筑波大学TOP合格を輩出!