タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生の為の専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

2017冬期・直前講習会

冬期直前講習会パンフレットご請求はこちらから⇒⇒⇒ 
冬期直前講習会デジタルパンフレットはこちらから⇒⇒⇒

わずかな差で競い合う
ライバルたちに勝てる
「圧倒的な合格力」を身に付ける!






合格に必要なことを徹底的に分析し、
合格へ向けた最短のロードマップを作成!

受験志望大学によって求められるレベルは変わるものの、どの大学も問題構成の70~80%はいわゆる「基本・標準問題」と言われる難易度。問題の解答に必要な知識とテクニックは極めてノーマル。各大学の出題傾向によって難しく見える問題も、核心は『基礎・基本』。それを見抜けるように、徹底した基礎の反復を実施する結果、多くの生徒が予想を超える得点を本番でGET。


実力発揮のベースは相手を知ること。
入試直前は志望大学の出題傾向を徹底分析!

培ってきた力を最大限に発揮するためには、志望校の出題問題・傾向を知ること、どのくらいの得点で合格圏内に入れるかを知っておくことが大事。本番の緊張感のなかでも、冷静に判断できるようにじっくりと研究しておこう。










大学別攻略法

 筑波大学 
【センター(5科目700点)と2次試験(実技十論述700点)の平均得点率77.5%以上が合格条件】
2次個別学力検査(実技①配点400十実技②配点200十保健体育に関する論述配点100)の配点が高いので、実技能力と論述での逆転合格も狙うことができます。実際にセンター60%台から見事に逆転合格したタイシン生も存在します。2次逆転合格を目指す場合は定員(140名)が多い筑波がお勧めです。

 鹿屋体育大学 
【センター60%台からでも2次試験(運動能力受験)で逆転合格が可能!】
鹿屋体育大学に限らず、国立教育系においては前年度データやリサーチ結果はあくまでも目安。是非、体育・教育・スポーツ系受験生を内部生に抱える専門予備校タイシンを頼ってください。

 順天堂大学 
【AO/推薦入試の失敗は関係ない!】
学科試験は選択科目を含む3科目ともに、例年の出題傾向と問題難度であれば80%以上の得点を取得したい。例年、タイシンから順大へ多くの合格者を輩出してきた指導実績から考察すると、人気の高いスポーツ科学科攻略のためには、タイシンで出題傾向に沿った効率の良い学習を積み重ねて240点以上を目指したい。

 日本体育大学 
【勉強が大の苦手でも冬期講習から猛スパート!得意の実技を活かして日体大合格】
実技が得意な人は、実技で高得点を取得し、実技が苦手な人は学科で高得点を取得し、合格を狙いましょう。競技実績や調査書が得点化されないことも実績のない受験生には魅力的。毎年多くの合格者を輩出しているタイシンを利用しない手はありません。

 大阪体育大学 
【体力や学力に自信がなくても最後まで諦めるな!憧れの体大合格のため直前まで全力を尽くせ!】
「タイシンでは、一般入試は受験学科および性別で合格者最低得点が異なるのではないかと在籍生の合否分析から予測する。先ず、A日程では体力プロフィールテストで80点くらい取得できそうだという油断は禁物。実技試験では90%以上の得点を取得したい。ちなみに昨年度タイシンからの合格者平均得点率は男子96.6点、女子93.3点である。体大が公表している本年度の実技評価表は、昨年度の評価基準と同数値で、受験生全体の実技得点は若干下降することが予測されるが、人気が上昇しているので高得点1科目十体力プロフィールテスト3種目で170点は取得したい。また、B日程で合格するためには、当日の競争率によって合格者最低得点は左右されると考えなければならないが、高得点2科目+書類(保健体育評定・競技活動歴)で185点取得を目指した対策をとりたい。












冬期講習会 Schedule 代々木校

入試頻出分野中心の対策授業により、志望大学に向け、学科や実技得点力を高めていきます。短期間で効率よく授業運営していくために・・・
◎学科で国語・英語を中心に演習⇒解説形式で進めていきます。
◎実技授業では、受験大学の実技種目の得点力を見極め、種目別実技指導、弱点種目の克服、得意種目を最大限に引き伸ばせるように授業を進めていきます。

 コース案内 











直前講習会 Schedule 代々木校

入試間際の総仕上げとして、コンディションを整えることがもっとも大事な時期です。直前期の不安を取り除き、自信を持って挑むために・・・
◎学科では、大学別予想問題を中心に授業を進めていきます。
◎実技授業では、本番を想定した試験形式の練習を多くし、入試前の不安の残る種目や調整方法等も指導しながら授業を進めていきます。

 コース案内 





冬期講習会 Schedule 横浜校

入試頻出分野中心の対策授業により、志望大学に向け、学科や実技得点力を高めていきます。短期間で効率よく授業運営していくために・・・
◎学科で国語・英語を中心に演習⇒解説形式で進めていきます。
◎実技授業では、受験大学の実技種目の得点力を見極め、種目別実技指導、弱点種目の克服、得意種目を最大限に引き伸ばせるように授業を進めていきます。

 コース案内 




直前講習会 Schedule 横浜校

入試間際の総仕上げとして、コンディションを整えることがもっとも大事な時期です。直前期の不安を取り除き、自信を持って挑むために・・・
◎学科では、大学別予想問題を中心に授業を進めていきます。
◎実技授業では、本番を想定した試験形式の練習を多くし、入試前の不安の残る種目や調整方法等も指導しながら授業を進めていきます。
 コース案内 





冬期講習会 Schedule 大阪校

入試頻出分野中心の対策授業により、志望大学に向け、学科や実技得点力を高めていきます。短期間で効率よく授業運営していくために・・・
◎学科で国語・英語を中心に演習⇒解説形式で進めていきます。
◎実技授業では、受験大学の実技種目の得点力を見極め、種目別実技指導、弱点種目の克服、得意種目を最大限に引き伸ばせるように授業を進めていきます。
 コース案内 










直前講習会 Schedule 大阪校

入試間際の総仕上げとして、コンディションを整えることがもっとも大事な時期です。直前期の不安を取り除き、自信を持って挑むために・・・
◎学科では、大学別予想問題を中心に授業を進めていきます。
◎実技授業では、本番を想定した試験形式の練習を多くし、入試前の不安の残る種目や調整方法等も指導しながら授業を進めていきます。
 コース案内 


















申込みから受講まで

受講講座・タームを決める。
※紹介者カードまたは申込書の紹介者欄に高等学校の先生または体育進学センターOBOGの署名捺印がある場合は入会金が免除されます。
紹介者カードはこちらから⇒⇒⇒



 代々木校 
冬期講習会
入会金:10,000円

【通学生】
短期完成コース①②
6日間コース 80分×27コマ
各\135,000

【宿泊生】
短期完成コース③④
※宿泊費 1泊(食事なし)4,200円
6日間コース 6日間コース+宿泊費6泊込み 80分×20コマ
各\160,200

直前・超直前講習会
入会金:無料

直前講習会
平日コース①② 5日間コース
90分×10コマ 各\56,000
金土日コース①②2日間コース
90分×8コマ 各\44,800

超直前講習会
1/29、1/30 2日間/1日単位での受講可
1日90分×2コマ 1日 ¥11,200
※直前・超直前講習会 宿泊費 1泊(食事なし) 4,200円



 横浜校 
冬期講習会
入会金:10,000円
短期完成コース①②
6日間コース 80分×24コマ
各\120,000


直前講習会
入会金:無料
直前講習会
平日コース①② 5日間コース
90分×10コマ 各\56,000


 大阪校 
冬期講習会
入会金:10,000円
短期完成コース①②③
4日間コース 80分×16コマ
各\80,000


直前講習会
入会金:無料
平日コース①②③ 2日間コース
90分×5コマ 各\28,000
国立コース 4日間
90分×コマ数×5,600円













申込み

 窓 口 
申込書を各校舎の窓口に提出して下さい。
受付時間 平日 13:00~18:00

 FAX 
申込書を各校舎にFAXして下さい。
代々木校:03-5351-3600
横浜校:045-316-6090
大阪校:06-6572-5571

 郵  送 
申込書を各校舎に郵送して下さい。
代々木校
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-26-3

横浜校
〒220-0072
神奈川県横浜市西区浅間町1-13-1

大阪校
〒552-0012
大阪府大阪市港区市岡1-13-5

申込書はこちらから⇒⇒⇒

 WEB申込 
WEB申込ボタンからお申し込み下さい。





受講料納入
申込み後、各校舎より「申込完了証」を郵送致します。到着後、3日以内に受講料または受講料と宿泊費を下記口座までお振込み下さい。

みずほ銀行
新宿新都心支店
普通1362956
体育進学センター

三井住友銀行
新宿支店
普通4111415
体育進学センター

冬期・直前講習会受講
集合時間・持ち物については「申込完了証」でご確認下さい。
「申込完了証」は受講証を兼ねておりますので、講習期間中は携帯するようにして下さい。


ご相談はお気軽に各校舎までご連絡下さい。
体育進学センター代々木校
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-26-3
TEL:03-5351-6301 FAX:03-5351-3600

体育進学センター横浜校
〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町1-13-1
TEL:045-316-6055 FAX:045-316-6090

体育進学センター大阪校
〒552-0012 大阪府大阪市港区市岡1-13-5
TEL:06-6572-5521 FAX:06-6572-5571








講習会で合格を勝ち取った先輩たち

林礼奈さん
神奈川県立 多摩高校
バスケットボール部

タイシンの学科の授業はまさに体育系大学入試を知り尽くしたプロフェッショナルここか自分より学力のある人との差を詰め、他の人を突き離せた大きなポイントだったと思います。また、実技の授業は「勝負の場」であり、息抜きの場でもありました。実力の差が目に見えるので、自分の努力の成果が表れた時はとても嬉しく、さらに奮起するきっかけにもなりました。また、試験当日、会場にタイシンの仲間かたくさんいることか本当に心の支えになります。どの大学での試験会場にも見慣れた顔がいて、少し話ができただけでも気持ちが楽になりました。タイシンの仲間とは学科、実技の授業で苦しい思いも、楽しい時間も過ごせるので、自然と深い仲になります。その仲間と一緒に合格を勝ち取った時の喜びはとても大きなものでした。一方で、その最大の仲間も.ときに最大のライバルにもなりえる、そういったシビアな環境たったからこそ苦しいなかでも、「負けたくない頑張らなきゃ!」と自分を最後まで鼓舞することかてきたのだと思います。
 
大八木涼真くん
神奈川県立 藤沢西高校
野球部
 「日体大なんて塾なんか行かなくても受かるだろうと思っていました。受験勉強を本格的に始めたのは9月に入ってからで、とりあえず問題集を一通りやったあと、日体大の赤本で過去問をやりましだバツの嵐で焦りました。その頃、学校では夏期講習でしっかり勉強をしてきた友達が英語の文法や単語の問題にすらすら答えていて、このままでは受か
らないんじゃないかという気持ちになりました。そんなとき体育系に特化した予俑校があるという話を聞き、親と相談をして、タイシンに入学することを決めました。文法の一つもわからなかったけれど、先生方が丁寧に指導してくれたおかけで少しずつ英語を理解していけました。仲間も増え、充実した受験期間になりました。迎えた前期試験、結果は補欠でした、ても、そこで気持ちを切らすことなく後期試験に向けて勉強しました。後期試験ては、日体大の児童スポーツ教育学部に合格することかできました、タイシンに入ったおかけです。

五十棲郁人くん
滋賀県私立比叡山高校
バドミントン部
体育進学センターとタイシンの仲間たちと共に受験に挑み、合格を勝ち取ることができました。先生方も全力でサポートしてくれて、タイシンの仲間達も全力で受験に挑む。こんな素晴らし環境は、なかなか無いと思います。私の地域にも塾はありますが、体育大学に特化した塾は体育進学センターしかありませんでした。私は、高校時代バドミントンの強
豪校に進学しました。全国大会のメンバーには入れず、実績がないまま引退しました。スポーツ推薦では、体育学部を専攻できなかったので、諦めて、自力で頑張る事にしました。しかし、バドミントンしかしてもなかった私には、勉強は苦手でタイシンでも苦労しました。公募推薦で志望大学に落ちて、諦めていましたがタイシンの先生方が、「最後まで諦めなかった人が合格する」と全力でサボートしてくださり、周りの人達から一般入試で受かるのは難しいと言われてましたが、見事合格する事ができました。タイシンの先生方、仲間達と共に同じ目標に向かって頑張れたのは、今後の自分の自信にもなると思います

小林里奏さん
東京都立 東大和高校
陸上部
勉強で息詰まった時、体育進学センターの友達が支えてくれました、体育進学センターの先生は、生徒が頑張れるように色々と授業内容を工夫してくださいました。そのおかけで授業も楽しく受けることができました。そして最後まで諦めず、自分の夢を叶えるための第一歩を踏み出すことができました。実技ではお尻のトレーニングが本当に嫌いで、こん
なことやっても意味あるのかと思ってしまう時期もありましたが、しっかりとやっていたおかげて立ち幅跳びなどの跳躍系で記録を伸ばすことができました。一番嬉しかったのは、ハンドボール投げ。最初は13m位だったのが、28mまで記録が伸びました。たくさんの先生方に色々なコツを教えていただいたおかげです。体育進学センターは本当に先生が親身になって一緒に先の事を考えてくれる良いところです、

安治嶺佑樹くん
神奈川県私立横浜創英高校
サッカー部
部活動が忙しかったのでAO入試で日本体育大学の合格を目指しました。AO入試本番は、自分の勉強不足で不合格。その後も部活か忙しかったのでとりあえず部活引退してから取り組むことに、引退してすぐタイシンに行き、一般入試に向けて勉強を始めました。最初は理解できないことが多く、ひたすらノートに写す作業という感じでした。でも、基礎からしっかり丁寧に教えてくれたので、勉強が楽しくなり、学力も上かっていきました、点数が伸びず苦しい時期もありましたが、タイシンのメンバーで励まし合ったりして乗り越えました、試験当日にもたくさんのタイシン生かいて緊張が和らぎました。そして、試験の問題のほとんどがタイシンで習ったことだったので、授業を思いだし頑張りました。タイシンに入って、ライバルである友達と出会って、支え合って、本当に良い環境で勉強できたと思います。