タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

新聞奨学生 合格体験記 2015-2017

新聞奨学生として新聞配達をしながらタイシンで浪人をし努力した先輩たちの合格体験記です!


新聞生体験記2015.17.png

国立大学 合格体験記


 
桜(筑波一般・新聞).png石原直幸.png
 

体育専門学群合格!
2016年度 代々木本科
石原 直幸さん
鹿児島県鹿児島市立 鹿児島玉龍高校

 私はこの一年間を誇りに思っています。親元を離れ完全に独立した状態で、新聞奨学生と受験生を両立した1 年間はとても意味のあるものでした。新聞配達に慣れてすぐに梅雨の季節がやってきて、雨の配達に慣れると夏がやってきて、夏が終わると秋冬はあっという間に過ぎて行きました。今までの人生で1 番肌で季節の移り変わりを感じた一年だったと思います。(笑)私は新聞配達に生活の時間を取られるのが嫌だったので、バイクに乗ってる時以外は走りながら配っていました。店に1 番に戻ってくる事が日課でした。私は浪人生活で、自分で勉強する時間はあまり取りませんでした。その代わりに、少なくなりがちな睡眠時間をキチンと取り、タイシンの授業をしっかり受けると言うことを最低限守っていました。そのおかげもあってか成績も伸び、無事に目標としていた筑波大学に合格する事が出来ました。この1 年間は、とても辛く、投げ出してしまいたいと常に思っていました。けれども私はこの1 年間を誇りに思っています。この1 年間で、親のありがたさ、当たり前に勉強出来る生活のありがたさ、働いて得るお金の大切さなど様々な事を学びました。普通に浪人していては知ることのなかった事を知り、人間として一回りもふた回りも成長させてくれました。
これを読んでいる皆さんも、目標に向かって新聞奨学生を頑張ろうとしてると思います。この期間は決して足踏みをする期間ではなく、きっとより自分を成長させてくれる期間です。最後まで諦めずに、やり遂げて欲しいと思います。

桜(北海道教育一般・新聞).png

北海道教育スポーツ文化学科合格!
2016年度 代々木本科
桐山 琉星さん
北海道立 北見柏陽高校

 新聞配達と勉強との両立は、思っていたほど甘くありませんでした。辛いを通り越した、先の見えない生活。楽しいことはほぼなく、本当に苦痛でした。でも、クラスのみんなと先生たちのおかげで、休むことなく頑張ることができました。心からみんなにありがとうです。

 

 

順天堂大学 合格体験記


桜(順大一般・新聞).png

スポーツマネジメント学科合格!
2017年度 代々木本科
山本 三奈さん
福岡県立 春日高校

 タイシンは実技対策が充実していて、座学と並行して実技に特化した練習ができました。また、浪人中はおろそかになりがちな運動や筋トレが自由にできる環境だったため、勉強と実技の両立をはかることができました。タイシン+新聞で成長できたと思います。タイシンでは、同じ体育大を目指す仲間からいろんな考えを知ることが出来たり、刺激をもらうことができました。新聞では、社会の厳しさを知り、その反面温かさも知れました。自分のふるまいと考え方次第で、周りの環境も変わるという事を強く実感しました。
受験生活では、生活リズム(毎日タイシンに通う事)、健康管理、新聞、人間関係、あいさつ、笑顔、前向きでいることを大事にしていました。
タイシンでの出会いは自分にとって大きな財産になります。だから、仲間と共に切磋琢磨して、良い刺激を与え合い、張り合い、支え合いながら、第一志望を目指してほしいです。自分次第で結果は変わってきます。最後まで何が起きるかわからないので、自分の意思を貫いて努力し続けてほしいです。
 
桜(順大一般・新聞).png

スポーツマネジメント学科合格!
2017年度 代々木本科
豊嶋 恭悟さん
宮城県 私立 仙台育英学園高校

 タイシンでは、実技対策、論述の対策ができたことや、年間を通して実技のカリキュラムが組まれているので、学科と実技のバランスに悩むことが少なかったように思います。そして同じ目標の友達がたくさんいたことでモチベーションを保ちやすかったです。
タイシンで一番成長したことは、実技で自ら年間の計画を立て、主体性を持ってトレーニングに取り組めたことです。受け身だった去年と比べて悩むことが多く、知識が足りないことに気付くことも多くありましたが、目標や解決すべき課題が明確になって、日々の生活に充実感を感じることができました。
タイシンでは新聞生だからといってやや甘くされたり、一般生よりも厳しいことを言われないことも多少あって、それが嫌だったので、いい意味で新聞生らしくないようにしていて、休日は朝から夜までタイシンにいたり、弱点や夕刊の時間と被っている講習も、仕事の休みを工夫して多く受講したりしていました。
日常の生活や、受験勉強、実技、すべてにおいて自分で考えて主体性をもって行動することで、失敗することや悩むこと、大変なことも沢山起きます。しかし、その中で行動すると結果はどうであれ、すごく成長できるし、充実感を味わえます。だから皆さんにも、苦労が多い浪人生活を送って欲しいと思います。


 


桜(順大一般・新聞).png森達哉.JPG
 

健康学科合格!
2017年度 代々木本科
森 達哉さん
静岡県立 裾野高校

 人間の体は機械じゃないし、新聞の仕事や天候の事情で毎日同じ予定を組むことは不可能ですが、電車に乗っている時間にスマホを使わないとルールを決めて、勉強時間を確保することもできます。歯を食いしばって頑張ってください。

 


桜(順大一般・新聞).png
 

健康学科合格!
2017年度 代々木本科
鈴木 勇摩さん
静岡県立 浜松湖南高校

 自分は、新聞配達とタイシンを両立することで忍耐力が付いたと思います。毎日、何かしらの勉強をする。やりたくないときは、せめて単語や熟語だけでも覚える、ということを心がけていました。新聞奨学生はきついことが9割方ですが、必死に頑張って下さい。



東海大学 合格体験記


桜(東海一般・新聞).png鎌田達也.JPG
 

競技スポーツ学科合格!
2015年度 代々木本科
鎌田 達也さん
宮崎県立 都城泉ケ丘高校

 先生方は新聞奨学生だからといって甘やかすことなく厳しく指導してくださりました。西麻布店の方々は、タイシン生をいろいろな面で優遇してくださり、合格できる環境を作ってくださいました。

桜(東海一般・新聞).png小山泰輝.JPG
 

競技スポーツ学科合格!
2015年度 代々木本科
小山 泰輝さん
沖縄県立 首里高校

 最初は気合いでいけるだろうという思いがあり、慣れるまでに苦労しました。同じ新聞奨学生として頑張っている友達や親に支えられていましたが、一番支えられたのは同じ販売所にいたタイシンメンバーでした。めざせ教員!

 

 
桜(東海一般・新聞).png高辻敦貴.JPG
 

生涯スポーツ学科合格!
2015年度 代々木本科
高辻 敦貴さん
新潟県立 糸魚川高校

 この1年間本当につらかったです。でもその分、達成感は半端なかったです。新聞配達をしながらタイシンに通い、途中、すべてやめたくなったことも何度もありましたが、浪人を決意した時の思いを確認するたびに一歩ずつ強くなれたと思います。
 
桜(東海一般・新聞).png川井翔平.JPG
 

競技スポーツ学科合格!
2015年度 代々木本科
川井 翔平さん
長野県立 小諸高校

 最初の頃はメンタルがかなり下がっていて、泣きながら新聞配達をしていました。でも、どんな小さな時間でも無駄にしないようにして勉強し、そのおかげで成績が伸びていき、東海大学の特待生として合格を勝ち取ることができました。

 

桜(東海一般・新聞).png

生涯スポーツ学科合格!
2016年度 代々木本科
安本 靖十郎さん
千葉県立 弥栄高校

 現役の時に親に払ってもらった金額を考えると、とても頼れないと思い、新聞奨学生になりました。とても大変で、途中で辞めようとも考えたけど、今諦めたら、親や応援してくれている人に迷惑をかけるという思いがあったので、最後までやってこれました。
 

日本体育大学 合格体験記

 

桜(日体一般・新聞).png宮平健介.jpg
 

健康学科合格!
2015年度 代々木本科
宮平 健介さん
福岡県 私立 九州産業大学付属九州産業高校

 一般生と比べ勉強時間が少ないというデメリットが大きいため、少ないながらに、どう効率的に勉強するかと考えるようになりました。勉強するんだという意識と、一般生には絶対負けん!というプライドや、新聞生でも出来るんだという自負が大切だと思います。
 

桜(日体一般・新聞).png
 

健康学科合格!
2015年度 代々木本科
田中 瑛士さん
愛知県立 中村高校

 新聞配達で辛い時には、父の仕事姿を思い浮かべ、応援してもらっていると思うと、辛いなりにもエネルギーが湧いて来ました。受かった時は、大学に行ける喜びと家族への恩返しがようやくできるという意味でうれしかったです。

 

 

桜(日体一般・新聞).png湊谷勇次.JPG
 

健康学科合格!
2015年度 代々木本科
湊谷 勇次さん
北海道立 中標津高校

 北海道から上京し、満員電車や一人暮らし、新聞配達の業務など、今まで経験のないことの連続で、心身ともに疲れ切った1年でしたが、大学生になれると決まった時、その疲れが一気に抜けたような感覚は今でも忘れません。
 

桜(日体一般・新聞).png河端陸.JPG
 

社会体育学科合格!
2015年度 代々木本科
河端 陸さん
愛知県立 中村高校

 朝刊を配ってから授業を受け、早退して夕刊を配る。一般生との時間の差があまりに大きく、不安ばかりでした。新聞生が一般生に勝って合格するには、毎日勉強して、皆がしない時でもやることだと思いました。

 

 

桜(日体一般・新聞).png馬場翔.JPG
 

体育学科合格!
2015年度 代々木本科
馬場 翔さん
東京都 私立 八王子学園八王子高校

 この1年間で一番大変だったことは、勉強時間を作るということでした。新聞配達をやっていたので、授業の復習ができなかった日もありました。最初は不安だと思いますが、配達が慣れてくると余裕が出てくるので安心してください。
 

桜(日体一般・新聞).png富井嵩登.JPG
 

社会体育学科合格!
2016年度 代々木本科
富井 嵩登さん
千葉県立 袖ケ浦高校

 辛かったことは新聞の業務で、毎日朝2時起きで生活リズムが崩れ、配達でもミスをして怒られ、初めの頃は身体的にも精神的にもボロボロでした。でも、そんな中でも配達とタイシンを一日も休まずやったことが、合格できた一番の理由だと思います。

 

桜(日体一般・新聞).png

整復医療学科合格!
2017年度 代々木本科
根岸 涼さん
神奈川県 私立 横浜高校

 知識としてはほぼ皆無だった英語、国語、数学(受験科目全て) を合格まで引き上げてくれた先生方には感謝しています。髪がフサフサでハンサムな土方先生(笑)。話の面白い宮下先生。嫌だといいながら丁寧に解説してくれる優しい水越先生。あと、面接対策では元自衛隊の市村先生。他にも色々な先生やアルバイトの先輩に気をかけていただきました。タイシンで一番成長したことは?と聞かれて、「これだ」と答えるのは難しいですが、周りに支えられていることを気付かされました。新聞配達をしながらだったこともあり、精神的に折れてしまいそうになったのも一度や二度ではありません。しかし、その度、タイシンの先生方や友人達に励まされて、諦めずに今日まで配達業と勉強を続けることができました。
受験生活で大切にしていたことは、毎日タイシンに通うこと。模試の結果が良くてもおごらないこと。模試の結果が悪くても落ち込まずにするべきことをすること。無理しすぎないこと。なまけないこと。毎日誰かと必ずコミュニケーションをとること。しっかりと睡眠をとること。寝すぎないこと。周りを頼ること。両親に甘えないこと。日々に感謝することでした。本当に、関わってくれた全ての方に感謝しています。

大阪体育大学 合格体験記

桜(大体一般・新聞).png加誉令.JPG
 

健康・スポーツマネジメント学科合格!
2016年度 代々木本科
加 誉令さん
兵庫県立 東播工業高校

 毎日新聞配達をしながら勉強や実技の練習をするのは、とても辛かったです。冬期が始まる前少し心が折れかけて、タイシンに行かない時期もありました。ですがどうしても大阪体育大学に行きたいという気持ちがあったので、諦めずに最後まで頑張れました。
 

日本女子体育大学 合格体験記

桜(日女体一般・新聞).png八木尾美優.JPG
 

スポーツ科学専攻合格!
2016年度 代々木本科
八木尾 美優さん
京都府立 綾部高校

 新聞奨学生をしながら浪人をすることは、自分で考えていたよりも心身共にずっとしんどくて、何回も勉強から逃げました。ですが、また戻って来て頑張ろうと思えたのは、応援してくれる友達と親の声があったからです。この1年間、浪人して良かったです。


立命館大学 合格体験記

桜(立命館一般・新聞).png

 

スポーツ科学科合格!
2017年度 代々木本科
スレーマン鈴木 アダムさん
新潟県立 新発田高校

 今までも両親や先生方に感謝していたつもりだったけど、一年間終わってみて今まで感謝が足りていなかったと思えるようになりました。受験生活では、一人暮らしなので、食生活や、風邪をひかないように気を付けていました。

中京大学 合格体験記

 
桜(中京一般・新聞).png玉木亮司.png
 

競技スポーツ学科合格!
2017年度 代々木本科
玉木 亮司さん
愛知県 私立 愛知産業大学三河高校

 東京に来て新聞配達をして、貴重な経験もできました。今年はいろんな刺激を受け、いろんな考えも持てるようになった結果、前向きに進学を受け入れることができました。




bnr_960.jpg