タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

2019年度AO・推薦入試合格速報

日本体育大学
推薦入試
(Ⅰ期・Ⅱ期)
67

昨年の44名より大躍進
 

大阪体育大学
推薦入試合格者

66

昨年の45名より大躍進
 

大阪体育大学
推薦入試を振り返る
順天堂大学
推薦入試合格者
12

昨年の5名から倍増!
 

順天堂大学
推薦入試を振り返る
天理大学
推薦入試合格者

9
東海大学
推薦入試合格者
7
武庫川女子大学
推薦入試合格者

6
国士舘大学
推薦入試合格者
2
日本女子体育大学
推薦入試合格者

筑波・文教大学
推薦入試合格者
1

AO・推薦入試で
合格を勝ち取った

タイシン生が
\ 300名突破 /

2018.12.20 13:00現在

 

よくやったタイシンくん400.png

※タイシン在籍生のみの数字です。
※講習生や模試受験生は含みません。


推薦入試を振り返る…

大阪体育大学

 小論文 

体育学部

制限字数は600字で横書き。スポーツにおける選抜や勝敗が、競技者に与える心理的な変化とそれに対応する指導者の姿勢を考える小論文だった。

教育学部

課題文は、伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)の一節から。
制限字数は、問1が100字。問2が700字。
問1では、本文読解力が問われ、問2では、学校教育における障害体験授業についての考え方が問われた。

勝負の分かれ目

小論文の課題は、年々難しくなってきている。ともすると感情論になったり、課題文の丸写しになってしまったりする課題である。十分な練習量をこなし、いかに冷静に論理的に組み立てて書けるかが差のつくポイントであった。

 集団面接 

体育学部

AO同様、志願理由書の記載をもとにした質問が多く、例年より1つ1つの質問が深い問いかけだったようだ。グループによっては、1分間の自己アピールを求められるところもあった。

教育学部

教員になることを前提に、希望する校種(小・中・高)やそのやりがいを説明させられた。学校教育に対する知見と覚悟が試される質問が多かったようだ。

勝負の分かれ目

志願理由書を作成する段階で、どれくらい将来のことや学びたいことを突っ込んで考えたかで差がついたのではないか。例えば、教員志望の人は、教員になることが夢ではなく、教員になってどんな教育をしたいのかというところまで考えておく必要があっただろう。

 教養テスト 

体育学部・教育学部共通

例年通り、60分で50問の出題。試験を終えた生徒からは、口々に難しかったという声が……。数学や理科には、少し時間のかかる計算問題も出題されていたとのこと。

勝負の分かれ目

数秒で答えられる問題をさっさと片付け、時間をかければ正解が出せそうな問題に時間を回すというような解き方の工夫が求められる試験だった。

 実技 

体育学部

立三段跳び、ボール投げ、持久走(男子1500m、女子1000m)

教育学部

立ち幅跳び、10mシャトルラン、ボール投げ(男子バスケットボール、女子ハンドボール)

勝負の分かれ目

もちろん、試験本番までにどれだけ練習したかということがあらわれる試験だったが、今年も厳しくファールを取られたという報告がいくつもあった。大学の定めるルールとフォームに則って、練習を積んでいないと、緊張の中でよい記録は生み出せない。


大阪体育大学受験生の皆さん、お疲れ様でした!

※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。
 

推薦入試を振り返る…

順天堂大学

 小論文 
 
〔小論文課題〕

【問1】図からわかる年齢別人口構成の変化を50字以内で説明してください。

【問2】図で示される年齢別人口構成の変化は、社会にとって望ましくない状況を引き起こすと考えられています。その望ましくない状況とはどのようなものでしょうか。また、それを少しでも改善するために、スポーツ健康科学の側面からできることは何でしょうか。このことについて、あなたの考えを700字以上800字以内で述べてください。


近年実施されていた文章を読み、意見を述べる形式ではなく、5年ぶりに図表〔1965年、2015年、2065年(推計)の年齢別人口構成〕を用いた問題が出題された。2~3年前の過去問題しか把握できていない受験生は当日の動揺が大きかったと考えます。

 集団面接 

試験会場や受験学科によって質問内容や形式は異なっていた。(ex.順番に名指しされたり、挙手制、突っこみ)

質問内容は順天堂ならではの受験生が返答に困惑するものも多かったようだが、傾向を掴んでおけば難度はさほど高くなかった。

しかし、興味のある授業の学問的な補足説明を求められたり、受験生の意見に対する根拠を求められるなど、試験後のアンケート調査では手ごたえを感じている受験生と感じられない受験生の二極化傾向が顕著であった。

合格者の特徴を敢えてあげるとすれば、特に自己推薦では、事前提出の綿密な順大プランに基づく、試験官が理解しやすい明確且つ細部にわたる主張が評価されているのではないだろうか。

 勝負の分かれ目 

小論文試験では、問1の年齢別人口構成の変化を50字で説明することが先ず難しかったのではないでしょうか。

また、日本が少子高齢化傾向を辿る背景や説明根拠、我が国の取組などを記述したうえで、スポーツ健康科学の側面から問題の改善に向けた貢献は、専門的対策が不十分であった受験生には、その場しのぎで記述することが困難だったのではないかと推測されます。

このことは合格者たちの答案復元を見ると合否の分かれ目となったことが「百聞は一見如かず」というように理解できると思います。

そして、もう一つの合格者の特徴は、順大進学を熱望する受験生で早期から入試情報を把握したうえで、傾向に沿った的確且つ専門対策を講じた受験生の合格率が非常に高かったと言えます。

 
順天堂大学受験生の皆さん、お疲れ様でした!
 
※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。


AO入試合格者
合計162名
日本体育大学
AO入試合格者

108
日本体育大学
AO入試を振り返る
順天堂大学
AO入試合格者
16
順天堂大学
AO入試を振り返る
大阪体育大学
AO入試合格者

16
大阪体育大学
AO入試を振り返る
日本女子体育大学
AO入試合格者
9
東海大学
AO入試合格者

9
国士舘大学
AO入試合格者
2
日本大学
AO入試合格者

1
國學院大學
AO入試合格者
1





※タイシン在籍生のみの数字です。

※講習生や模試受験生は含みません。



AO入試を振り返る…

日本体育大学

 総合考査 

どの学部・学科も、専門知識がないと難しい問題だった。近年、グラフの数が増加し、読み解くのに時間がかかる。その為、文章を書く時間が確保できなかった受験生が多くいたようだ。

体育学科 問題

運動部活動のガイドラインを実現させるにあたって得られる利点について。直面する課題とその改善策。

健康学科 問題

子供の貧困問題が今後どのような問題を引き起こすか。また、現在行っている取組みと新たな改善策。

スポーツライフマネジメント学科 問題

五輪メダル獲得国、World Cup強豪国の経済的・文化的観点から見る特徴とは何か。今後の日本においての取組について。

スポーツマネジメント学科 問題

1976年モントリオール五輪から1984年ロスアンゼルス五輪の特徴について。オリンピックの商業化のメリット・デメリットについて。

児童スポーツ教育学科 問題

待機児童問題とその解決策について。

整復医療学科 問題

健康寿命と平均寿命について。健康寿命を延ばすために柔道整復師としてできること。

救急医療学科 問題

現在の災害の状況を100字で記述。自助・公助・共助を踏まえて対策を記述。(※図表無し)

スポーツ国際学科 問題

JICAの活動と目的について

武道教育学科 問題

武道固有の考え方と自分の武道を照らし合わせて、考えを述べなさい。また、自分の武道が国際社会で理解される為の方法を述べなさい。


※上記問題は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。

 
 集団面接 

どの学部も例年通り。集団面接3人1組で10分。面接官は2人。
オーソドックスな
●日体大でなければならない理由
●志望理由
●入学後やりたいこと
などの質問が多く、練習していれば充分に答えられる質問だった。

 勝負の分かれ目 

総合考査における知識量とスピード。
試験時間が90分から60分に減った上に、グラフの数が増加した為、専門知識の有無と論述スピードが勝負の分かれ目となったであろう。

 
日体大受験生の皆さん、お疲れ様でした!
 
 
※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。
 
AO入試を振り返る…

順天堂大学

〔事前課題〕
以下の課題に関して小テスト(マーク式)、課題発表・面接試験、集団討議を行います。各自事前に学習してきてください。
〔課題〕オリンピックムーブメントとドーピングについて、スポーツの歴史、文化的特性や現代のスポーツの特徴から理解しておくこと。


 小テスト(マーク方式) 

制限時間25分(5つの選択肢から選ぶマーク方式)
●スポーツの歴史(設立者)
●ドーピング(WADA・倫理)
●オリンピック(歴史・IOC・社会背景・メディア)
●パラリンピック(ルール・歴史)
などから全20問出題。
知識があれば答えられる問題が多かったが、課題の範囲自体が広く、さらに5択であった事も重なり、難度は例年より高かったと言える。特に「不適切なもの」を選ぶ問題は受験生を苦しめたようだ。

 課題発表・面接試験 
 
3分間の課題発表ののち、面接試験という流れ。
課題発表は、大学の先生が納得するようなプレゼンができたかにつきるが、発表内容は受験生に任されているので、評価はしづらい。
面接試験では、発表の情報はどこで調べたのか、何で調べたのか、など参考文献について質問されていた受験生が多かったようである。

 集団討議 
 
本日は事前課題を通して学んだことについて話し合ってください。
〔集団討議課題〕
1.「スポーツの価値」とはどのようなものですか。
2.あなたが教員になった際、生徒たちに「スポーツの価値」をどのように伝えていきますか。
この2点について、皆さんの意見を自由にまとめてください。


6人1組、25分間の討議(※自己紹介1分は含まない)
討議の中でのポジション、タイミングや知識、根拠に基づいた主張、適切な意見や協調性などが評価の対象となっただろう。
難度は例年通り。

 
順天堂大学受験生の皆さん、お疲れ様でした!
 

※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。
 
AO入試を振り返る…

大阪体育大学

 小論文 体育学部 

60分横書き600字以内

自己推薦型

男女混合競技が増加していることについての背景を述べた上で、「見るスポーツ」および「するスポーツ」にそれがどのような影響を与えるのか考察せよ。

アスリート型・卒業生子女型

「スポーツをするからには勝つことを目標とすべきだ」という意見と「スポーツは楽しむためのものだから、様々なスポーツを経験してほしい」という意見がある。これについてどのように考えるか。

スポーツ特別

あなたの競技力が最も向上した時期はいつか。またその背景にあるものは何か論ぜよ。

※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。


 勝負の分かれ目 

自己推薦型スポーツ特別では、背景について説明が求められていたが、スポーツの現状や保体教科書(技能の上達過程)の知識をうまく使えたかどうかで差がついただろう。

アスリート型・卒業生子女型では、
①「前者が望ましい」
②「後者が望ましい」
③「両方とももっともである」
④「両方とも実は間違っている」
の4パターン考えられるが、客観的な根拠を示すことができたかどうかがポイントとなるだろう。
 
 小論文 教育学部 

60分横書き
問1は100字以内
問2は700字以内

問題

問1「教養」とは何か。物知りの違い。
問2「教養」のある教員となるために大学で何を学ぶべきか。

※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。

 
 勝負の分かれ目 

問1は、文中で筆者が「教養」を定義しているところを読み取ることができたかどうか。

問2は、問1で定義した「教養」の意味に触れた上で、「教養ある教員」が具体的にどういうものか、そこで必要になることは何か、大学でどう学ぶかを具体的に書けたかどうか。
 
 面接 

個人面接。10分~15分。

志願理由、将来の夢、大学でやりたいことという型通りの順番で聞かれただけでなく、面接官が、志願理由書を見ながら、書かれていることに対して質問をしてきたとのこと。
 
 勝負の分かれ目 

自分の書いたことをしっかり説明できたかどうかが勝負の分かれ目になったようだ。

教育学部では、勤務したい校種(小・中・高)と理由も聞かれた。


※上記内容は、受験生からの聞き取り情報に基づき、タイシンがまとめたものであり、大学が発表したものではありません。

大阪体育大学に一般入試で合格しよう!
一般入試でリベンジした先輩の体験談
 

一般入試で合格した
先輩たちの体験談

あんなに嫌いだった勉強が
楽しくなっていきました!

 
日本体育大学 体育学部
体育学科一般入試合格!
 
 渡辺 塁くん 

 先輩が通っていたことや実技の対策ができること、また他のスポーツ系の予備校より長いキャリアがあり、とても信用できることから、タイシンを選びました。学科では、各大学の傾向に合わせた対策ができ、実技では1点を上げるコツや小技などを細かく丁寧に教えていただけました。本番当日も最寄駅まで来てくださったり、実技の前日もコンディショニングの会があったりと、万全な状態で挑めました。最初の頃は勉強が苦手で全然ダメでしたが、授業を受けていくうちに点数がどんどん伸び、あんなに嫌だった勉強が楽しくなっていきました。また、実技でも記録がどんどん伸びていき、上体起こしでは満点を出せるようになっていきました。自分を信じ、先生方を信じれば必ず合格できると思います。



タイシンに入って考え方が変わりました!

 
日本体育大学 体育学部
健康学科一般入試合格!
 

 有森 萌華さん 

 


30年以上の歴史があるタイシンだからこそ体育系大学の入試形式や出題傾向を熟知されていて、とてもためになりました。タイシンに入って、考え方が変わったと思います。自分は英語でも実技でもできないとすぐに無理だと判断してしまうことが多くありました。でもタイシンのみんなは前向きで、失敗したら諦めるのではなく失敗の原因を自分だけではなく友達と一緒に考えたりして克服していました。無理と決める前に行動する、考え方次第で結果は変わるのだなと気付きました。受験生活では、隙間時間を大切にしていました。私は電車に乗る約40分間、絶対に単語50個やろうと決めていました。無理のない小さな目標を立て、少しずつこなしていくことで着実に力をつけることができました。


僕は塾をタイシンに変えました!

 
順天堂大学 スポーツ健康科学部
健康学科一般入試合格!
 

 髙橋 柊太くん 

 

地元の塾で試験の対策に少し不満を持っていたところ、母がタイシンを勧めてくれました。一つの大学を解くにしても、「他の大学ならこういった問題が出るよ」等、その大学を受けない人にもプラスになるように授業をしてくれた事、良く出るところを細かく応用的なところまで教えてくれた事がとても良かったです。自分は地元も少し遠くて、知り合いが一人もいない中の授業で、初めはすごく不安でしたが、次第に友達も出来てそんな心配もすぐになくなり、むしろ楽しくかつ厳しい授業を行うことが出来るようになりました。受験生活で特に大切にしていたのはオンとオフの切り換えで、1日2時間程度はリフレッシュさせる時間を作っていました。そうすると自分は勉強が捗ってよいと思いました。
 

僕は走力が一番伸びました!

 
東海大学 体育学部
体育学科一般入試合格!
 

 永瀬 湧都くん 

 


タイシンは体育系の予備校として歴史があり、合格率もよかったのでタイシンに入学しました。夏期は学科、それ以降は実技の授業に出ていたのですが、学科・実技どちらとも大学別の傾向に合わせて対策してくれ、丁寧に指導してもらえたので、実力アップにつながりました。タイシンに入り、私は走力が一番伸びました。タイシンは、わからないところはすぐ聞ける雰囲気で、仲間と切磋琢磨できる環境なのでとても良かったです。学科と実技はどちらも一日一つは目標を持って過ごしていました。そうしてきたことで、日が経つにつれて自分の成長を実感でき、勉強に取り組みやすくなりました。先生に言われたことを何回も繰り返し完璧にできるようにすることが大事です。先生の指導を信じて下さい。

 
AO・推薦のリベンジが果たしました!
 
大阪体育大学 体育学部
健康・スポーツマネジメント学科一般入試合格!
 

 佐野 日奈子さん 

 


タイシンは、勉強面では予想問題や他の体育系大学の問題を解くことができ、その大学の要点をしぼった勉強ができることが魅力でした。また、実技では、入学してないと分からなかったであろう細かいポイントまで教わることができ、いつでも自主練できる場所・指導してくださる先生がいたことが強みでした。受験生活では、AOと推薦の悔しさを忘れないこと、皆で励まし合ったり、教え合ったりすることを大切にしました。勉強も実技も教えることは苦手だったけれど、教えることで自分も気付くことがたくさんありました。受験は本当不安で苦しかったです。でも頑張って、頑張って、頑張って勝ち取った合格は、本当に何とも言えへんぐらい最高。一生忘れへん!って思えるような記憶になりました。
 
 
AO・推薦のリベンジが果たしました!

日本女子体育大学体育学部
スポーツ健康学科健康スポーツ専攻
一般入試合格!
 

 加藤 朱莉さん 

 

 先輩に紹介され来てみると、実績と数多くの経験や先生方のサポートが充実していることを身を持って感じ、入学を決めました。各大学の特徴や年々で違う分析まで、どの入試方法でも細かく指導してくれました。卒業生の先生も多くいるので、前日にどう過ごすか等のちょっとしたことも聞くことができます。タイシンで、入試に対する姿勢が変わりました。同じ大学や同じ夢を志す仲間が近くにいたからこそ、日々勉強することを続けられたと思います。AOや推薦で落ちて悔しい気持ちもありましたが、悔しいのは自分だけじゃなく周りの人達も同じだったので、すぐに切り替え、次に挑戦する意欲が日に日に強くなったと思います。通い続けてこそ付く力だと思うので、最後まで諦めずに挑んでほしいと思います。