筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

大学情報(仮)

::before ::after

高校2年生
受験について考える!

いつから勉強を始めましたか?

高校1・2年から通っていた先輩たち

氏名:菊池 月  高校:女子学院高校  クラブ:バスケットボール部
進学先:筑波大学体育専門学群
合格大学:筑波大学体育専門学群【一般】・順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科【センター利用 A方式】

私は中高の間、マネージャーとして部活に携わってきました。多くの人が“する”という形でスポーツに関わる中高生の時期に“支える”立場から関わってみて、スポーツの見方もそれまでとは少し変わりました。また、中高の間に夏季冬季を合わせオリンピックが4度ありました。普段見ない競技でも、普段スポーツを見ない人でさえもオリンピックとなれば関心を持ち、大舞台で戦うアスリートの姿に涙します。大袈裟なようですが、スポーツに単なる競技以上の明るい可能性を感じ、そのことも相まって体育系の進路を決めました。そして、自分よりはるかにレベルも意識も高い環境下に身を置く事はきっと自分を成長させてくれるだろうと思い最難関とされる筑波大学への受験を決意しました。
私がタイシンに初めて足を運んだのは高一の冬期講習です。筑波大学には受験に実技が必要だと知り、マネージャーで専門種目がない私が受験することは出来るのだろうかと不安を感じ調べていたところ、体育系の予備校があると知り、講習に参加することにしました。
かなり早い段階でタイシンに来て、しかもマネージャーであるために初めは先生方にも驚かれました。しかし、決して無理だと突き放すことなく基礎から指導してくださり、少しずつ上達していくことができました。また、タイシンでは切磋琢磨する友人がいて何においても目標となる人がいて、そんな人達が現状に満足せず努力を続けている姿は私の甘えを振り払い、原動力となりました。
専門種目が無かったため、タイシンが無ければ受験することさえも出来なかったと言っても過言ではありません。タイシンでは、実技のレベルアップはもちろんですが、基礎運動やバスケでの辛い練を経験することで精神面でも強くなることが出来ました。加えて、ただやり方を指導してくださるだけではなく、理論に基づいた指導もしていただけるため、考えてスポーツをすることが出来るようになり、受験の先まで活きていくものを得られたと思います。
私は実技に自信がなく、練習をしていても思うように出来なかったり周囲との差に苦しむことが多くありました。しかしどんな時でも自分が一番筑波に行きたいんだという気持ちは忘れないようにしていました。
どんなに厳しい状況でも諦めないことが大切だと思います。私のように実技に自信がなかったら勉強に力を入れて稼ぐこともできるし、受験の仕方は人それぞれワンパターンではないため、自分に合った方法を模索して、多面的に考えていく事が大切だと思います。

氏名:杉山 仁里  高校:中村高等学校 クラブ:サッカー部
合格大学:順天堂大学 スポーツマネージメント学科【AO入試】

私は高校1年生の冬に初めてタイシンへ学校の先輩に誘われて行き、2年生の春に入学しました。当初の志望大学は日本体育大学であったため、週に2回、部活動と両立しながら実技と学科を受けていました。2年生に頃は先輩方の受験日に近づくにつれて、教室の雰囲気に圧倒されるがままでした。その先輩方の姿を見てきたからこそ人一倍、受験への取り組み方を学べました。3年生になる前の三者面談の際、有田先生に学びたい分野を相談すると、順天堂大学を勧められました。学力が足りていなく、AO入試を受けるか悩んだときも先生方が親身になってくださり、AOから挑戦しようと思うきっかけをくださいました。
私は学力も足りず実技でも取り柄がなく実績もなかったのですが、タイシンに通ったことで同じ目標に向かって努力する仲間、支えてくれる先生と出会い合格することができました。最後には今の状況に満足することなく努力をしようという気持ちを貰える環境でもあり、通う事ができて良かったです。合格はもちろんですが、多くの人と切磋琢磨し合い、人として成長できたことがタイシンに通って本当に良かったです。

氏名:萩野 美咲 高校:私立 八王子実践高校  クラブ:硬式テニス部
合格大学:順天堂大学

私がタイシンに通い始めたのは、高2の12 月頃からでした。初めての集団討議では緊張して自己紹介も上手にできず不安ばかりでした。しかし、AO 入試で合格した先輩が来て下さり刺激をもらい、毎日鏡の前で自己紹介の練習をしたり、保健体育の知識をつけるために保健の教科書を暗記するようになりました。高3 の6 月頃からはだんだんと生徒も多くなり、意見がぶつかり合うこともありましたが、一緒に集団討議や面接練習をし、実力UP できました。先生方は、どんなに大変な時でも私たち生徒のことを優先して考えて下さり、アドバイスも明確でした。時には叱られることもありましたが、どの先生も皆、愛のある叱り方をして下さいました。受験前日も夜遅くまで対策をして下さり、最後の最後まで一緒に戦って下さいました。高2 の頃から対策をしていたので、「絶対合格できる!」と言われた言葉を忘れずに入試本番も自分を最大限に出して終わることができました。

氏名:北島 彩音  高校:私立 帝京高校  クラブ:硬式テニス部
合格大学:日本体育大学

私がタイシンに通ってよかったと思うことは、同じ目標を持つ仲間ができたことです。私は推薦コースで小論文と保健体育基礎教養と実技を受講していました。その中で仲間からたくさんの刺激をもらいました。しかし、同じ目標を持つ仲間が多い分、周りと自分を比較してしまうことがたびたびありました。私は運動が得意で学校の中ではできる方だったはずなのに、タイシンでは自分よりもすごい人たちばかりでした。また、小論文でも思ったことや感じたことが上手く書けず自信を失うことがよくありましたが、そんなときに励ましてくれたりアドバ イスをして、勇気づけられたのも仲間の存在でした。そんな環境だったからこそ、強い気持ちを持って入試本番に挑むことができたのだと思います。

どんな大学があるんですか?

体育・スポーツ系大学の所在地や学部・学科情報、資格情報など、基本情報を掲載しています。
 

国立大学

 

私立大学