筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

【大阪校】浦野先生より「本科生実技力分析試験」

カテゴリ:タイシン大阪校
今年も、本科生実力分析試験が始まりました。

大阪校は、代々木校よりも一足早く、14日からスタートしました。
 2019.4.15.uranoblog01.jpg


この試験の結果を見て、
生徒たちは、自分の現時点の学力と体力・運動能力を知り、
指導スタッフは、ひとり一人の指導の方針を立てることになります。
 
タイシンには、様々な生徒が集まります。

たとえば、センター試験である程度高得点できたのに、
実技試験で力を出し切れなくて涙を飲んだ生徒。
 
反対に、実技試験には自信があったのに、
センター試験の準備不足で点数が取れなかった生徒。
 
大体大や天理大にチャレンジしたのだけれど、
そもそも英語・国語の学習が全く足りていなかった生徒。
 
そんな生徒たちのスタートを見極め、
大きく成績を伸ばしていくための試験が実力分析試験です。
 
したがって、大切なことは、この試験に対して、
今持っている力を全て出し切るように全力で臨むことです。
 2015.4.1.urano5blog02.jpg
 
入試が終わってから、少し時間が経っているので、
生徒たちは、ちょっとした緊張の表情です。
 
国語の試験は、こんな感じです。
 
「漢字・語知識・文学史・文法」に絞った問題で、35分間。
続いて「指示語・接続語・空欄補充・文章段落構成」の問題だけで40分。
さらに、「要点・要旨」を答える問題だけで40分。

細かく分けて基礎学力を確認していきます。
 
2015.4.15.uranoblog03.jpg

例えばこんな問題。

漢字は読みをひらがなで書き、カタカナは漢字に直せ。(楷書で丁寧に書くこと)

内と外、人間と自然を峻別しない(1セイヘキが、かえって無思慮(オ無分別に自然を(2ハカイする愚行にのめりこませることにもなる。しかしどのような(3カテイをたどったのであれ、世界共通に人間と自然との関係が危機的な(4ジョウキョウにある現在、めぐり歩く土地土地の神ごとに歌を(カげる昔の旅人の心は、なつかしく振り返られるだけの意味がある。
 
英語は、
「適語選択」問題が30分。
「同意表現」問題が30分。
100語~200語程度の長文「基本読解」問題が25分

と細かく分けて、本当に基礎的な分野から確認していきます。
 
たとえば、こんな問題(中1段階)からスタート。

 ( )内から最も適切なものを一つ選び、その番号をマークしなさい。


How (1. many 2. often 3. lot 4. much) snow do you have in Hokkaido?
 
え~、このレベルからやるんだ~と思う人もいるでしょうね。

本当に基礎の基礎から始めて、センター試験、私大レベルまでやっていくので、3日間の日数を要するのです。

おそらく、こんな試験をやっている予備校は、他にないでしょうね。



 
ところで、最近は、大学や専門学校に進学した人が、入学直後に、自分の進路を再考するというケースも多いようです。


スタートしましたが、もし、進路選択で悩んでいる人がいたら、
タイシン本科コースは、今からでも参加できます。


興味がある人がいたら、是非ご連絡ください。

コメントする