筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

2020 鹿屋体育大学 一般入試 合格体験記

775b4688b9d5651fc4598c4643e81330_l.jpg
 

鹿屋体育大学 合格体験記

197180_小林幸生.jpg

体育進学センターオンライン講座
一般選抜対策丸枠付き三角矢印のアイコン素材 右.png

スポーツ総合課程一般入試合格!
愛知県立豊田西高校
バドミントン部
小林幸生さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 小さい頃から運動をずっと行っていて、そんな運動に関係した職業に就きたいとずっと思っていました。そんな中怪我をしてしまい、そんな中出会ったトレーナーという職業に惹かれ、将来の夢になりました。スポーツ系の大学に進学することで将来の夢の実現に大きく近づくことができると思い受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 2次対策で実技が必要になることが決まり、自分の力だけで乗り越えるのは困難だと判断し、インターネットで対策をしてくれる場所を探していたらタイシンを見つけ、それをきっかけに入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 自分一人で対策が立てにくいものを先生と一緒に立ててくれたところがよかったと思います。鹿屋に限ってしまえば、リバウンドジャンプのコツや、当時の雰囲気などを先生に聞けるのはもちろん、浪人している本科生にも気軽に聞ける環境なのはタイシンの魅力の1つであると思います。

Q.タイシンで1番成長したこと

 基礎体力は間違いなくついたと思います。受験期はどうしても運動不足になってしまいますのでその中でがっつり運動できるのはなまってる体をもとに戻すのにも良かったですし、体の動かし方なども覚えることができて、その部分が良かったです。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 体調管理と体のケアが大切だと思います。どれだけ練習しても、本番で体調を崩してしまったり、どこかを痛めた状況では自分の力を発揮できないので、練習は自分の体と相談して加減を調整するのが大切です。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 先生方の言うことをしっかりと聞けば、よい結果はついてくると思います。先生の言うことを信じて、そして自分自身を信じて合格を勝ち取ってください。


反復横跳び

リバウンドジャンプテスト

エルゴメーター


タイシンの体験授業でジャンプテスターを体感してみよう!

197066_福田直樹.jpg

体育進学センターオンライン講座
一般選抜対策丸枠付き三角矢印のアイコン素材 右.png

スポーツ総合課程一般入試合格!
大阪府立千里高校
硬式野球部
福田直樹さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来の夢は高等学校の保健体育の教員になり、野球部の顧問を務めること。また、動作分析のできる最先端研究設備の元で練習し、神宮球場を目標とする大学で活躍するために受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 高校2年生の3月に個人的に大学を訪問し、大学案内や野球部の参加をさせてもらい、野球部の先輩に実技対策には体育進学センターを勧められたことがきっかけです。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 試験本番と同じような器具を使い、実際に測定し、自分の結果の課題を発見できたこと。また、同じ大学を目指す人と切磋琢磨しあいながら練習できたこと。

Q.タイシンで1番成長したこと

 良い測定結果が出ても、現状に満足せずさらに向上していかなければ合格することができないという根性、気持ち。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 センター試験後は特に体のことを考え、体を締めるための食事、起床後入浴後のストレッチ、メリハリのある生活を大切にしていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 いくら体育系大学と言っても、学力で結果を出さないと合格できないので、周りの国公立大学を受験する人たちよりも高い点数を取る気持ちで結果を出さなければならないと思います。


197147_桶谷圭吾.jpg

体育進学センターオンライン講座
一般選抜対策丸枠付き三角矢印のアイコン素材 右.png

スポーツ総合課程一般入試合格!
兵庫県立八鹿高校
陸上競技部
桶谷圭吾さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 僕は将来、怪我をしにくいランニングシューズを開発することに関わりたいと思っていて、自分のしたい研究をするための設備が整っている大学で学びたいと思い、日本で唯一50mのフォースプレート走路がある鹿屋体育大学を受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 母がインターネットでタイシンの無料の講習会を見つけて、僕に紹介してくれたのがきっかけです。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 学校ではできない練習ができ、ここで対策を積んできたから絶対合格できるという自信を持って試験に挑めました。そして何より、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しながらトレーニングを積み、成長できたことが良かったです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 メンタルが成長しました。センターリサーチでC判定でも、実技で挽回できると確信し、試験当日はほとんど緊張しませんでした。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 体育大に行くのだから、体を壊しては絶対ダメだと思い、睡眠時間は削らずに勉強しました。あと、勉強前には、必ず10分程度のランニングをし、効率よく勉強できるように努力しました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンで学んだことを家でトレーニングをする際にも意識して練習していれば、確実に自分の能力の向上を実感できると思うので、頑張ってください!