筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

2021 日本体育大学 総合型選抜 合格体験記

学部を選択してください

学科を選択してください

日本体育大学 体育学部
体育学科 合格体験記

205028_立脇愛美.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部体育学科
総合型選抜合格!

東京都 都立 つばさ総合高等学校
女子バスケットボール
立脇愛美さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来高校の保健体育教員になりたいと思い、日体大を志望しました。また、同じ夢を持つ仲間が多く集まることから、切磋琢磨できると考え、理想とする保健体育の先生になりたいと思ったからです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 同じ高校の友達が体育進学センターについて教えてくれました。体育進学センターの先輩を検索できて、つばさ総合高校からも日本体育大学に進学している先輩がいたので詳しく調べようと考えました。学校にもパンフレットや貼り紙などが貼られていたので興味を持ち、入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 タイシンの先生が知識を多く教えてくれたことです。自分だけでは絶対に勉強できなかったし、探せなかったリンクやホームページなども紹介してくれたのですごく勉強になりました。授業後は最後まで残って毎回先生に質問したりわからないことを聞いて、くだらない質問でも詳しく教えてくれたので本当にためになりました!

Q.タイシンで1番成長したこと

 知識の量が増えたことです。ブレイクアウトセッションで他の人と話す機会が多かったのでその人たちがどれだけ勉強しているかを知ることができて自分もやらなければいけないと言い聞かせたり、他の人の勉強方法を参考にしたりすることができたので授業を重ねるたびに知識量が増えました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 自分の健康管理と勉強時間を削らないという事と休憩をすることも大切だということです。睡眠を取らずに勉強をしたり、知識を詰め込みすぎると疲労が溜まってしまい頭にうまく入らないので休憩を取ることも大切だと感じました。また、空き時間を活用して単語帳に体育の知識を書いて覚えました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私は、5月上旬にタイシンに入学して勉強を始めました。何から始めたら良いか分からなかったので勉強時間が少なかったですが、思い返すと「最初の方にもっと勉強出来たな」と思ったので、今のうちに知識を調べたり、面接の内容を考えたり、できることを始めてください。


204197_戸谷空蒼.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部体育学科
総合型選抜合格!

東京都 私立 日本体育大学荏原高校
硬式野球部
戸谷空蒼さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来の夢が中学校の保健体育教員になることで、目指すきっかけとなったのが中学校の頃の先生に憧れたことでした。その先生は日本体育大学出身で、進学した高校でも日本体育大学出身の先生が多くいました。多くの卒業生が教育現場で活躍されていることを知り、自分も日本体育大学で先輩たちの背中を越えられるような先生になりたいと思い、日本体育大学への進学を決めました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 先輩や先生からの勧めです。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 自分より凄いなと感じる人がたくさんいて、そんな人と話してるだけでも勉強になることがありました。すごい人がたくさんいると焦ります。でもその焦りが自分を高めることにつながったと考えています。切磋琢磨できる環境があることが体育進学センターのいいところです!

Q.タイシンで1番成長したこと

 正直自分よりすごい人がたくさんいて、何が成長したかわかりません。でもその中で自分に何が足りないかなどを見つけ勉強しました。受験は自信がなかったけど、今まで支えてくれた友達や先生方、親のために受かりたいと思い自分の持ってる力を出せました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 9倍という壁が高すぎると思っていました。その中でも自分に自信が持てるようにたくさん考え、練習しました。受験生は時間を1番に大切にしないといけないと思います。たくさん勉強すれば絶対合格が見えてきます!僕がそうでした!

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 今からじゃ遅い、倍率高いからダメかな、なんて思ってる人は大丈夫です!私も全く自信がなく、体進のみんなはすごい人ばっかりでした。今からじゃ遅いと思っている人も絶対間に合うと思います!受験はほんとに辛いことだけど、合格でも不合格でも絶対に自分にプラスになることだと思います!


204228_坪内舞.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部体育学科
総合型選抜合格!

東京都 私立 成城学園高等学校
ライフセービング部
坪内舞さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私の将来の夢は、ライフセービング分野におけるアスリート選手になることです。そのために、最もレベルの高く、日本代表選手が多く在籍しているライフセービング部がある日本体育大学を受験したいと考えました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 自分だけではどこから勉強をすればいいかも分からず、手がつけられなかったので顧問の先生から教えてもらったタイシンに通おうと思いました。また、その前に体験授業などを受け、とてもタメになり、大学受験や入学後にも役立つと思い入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 受験の面接時に役に立ったのはもちろんですが、入学後の授業内容でも被ることが多くあると聞いたので、タイシンの授業を受けて良かったと思いました。授業で使わない知識も一般教養として大切なことだと思いました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 人前でハキハキ堂々と話しきること、自分の伝えたいことを言葉として相手に伝えられる力がつきました。さらに、人と話すことで自分の考えがブラッシュアップされることに楽しさを覚え、大学でもこの強みを生かそうと思いました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 受験生活では、メリハリをつけていました。いくら焦っていても睡眠不足ではなかなか作業も進まないし、良いものを作ることができないので、時にはしっかり寝ることや、自分が好きなことに取り組むこと、休むことを大切にしていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 諦めなければ必ず自分のスキルは向上していくし、伝えようとすれば必ずその意欲や姿勢は相手に伝わります。試験前までは死ぬ気で勉強した方がいいけど、直前は今まで自分が頑張ってきたことを誇りに思って自信持って取り組むのがベストです!


205091_田代壮吾.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部体育学科
総合型選抜合格!

静岡県 県立 浜松湖南高校
サッカー部
田代壮吾さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 僕の夢は保健体育教員です。夢を実現するためにはどうすればいいか調べた際、1番印象に残ったのは日本体育大学でした。日体の魅力は、トップアスリートとの選手達と一緒に生活できることと、体育指導だけでなく、教育者としても自分自身を成長できると思ったところです。トップレベルの選手と同じ環境で生活することで私生活や食事のところなど色々学べるところがたくさんあります。また授業を一緒に行なっていく上でより専門的に生徒同士のコミュニケーションが取れるようになり、自分自身の競技力向上にも繋がります。また日体の授業は、教育者としても成長できる授業展開になっており、自分自身のなりたい将来像になれると感じたので受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日体のオープンキャンパスに行った際に、パンフレットをもらい気になり、調べていくと体育系大学専門の予備校で効率よく受けたい大学の傾向にそって勉強ができることを知りました。また多くの人がタイシンに入り日体に合格していたので入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 オンラインで授業をしてくれ、同じ学科を志望している生徒とコミュニケーションを取る機会が多く与えられ、話す力がとてもついたと思います。また、どこを重点的に勉強すればいいか的確に教えてもらい効率よく勉強ができました。実際授業でやっていたことが全て出ていたので体育大学を考えてる人には入学をオススメします。

Q.タイシンで1番成長したこと

 僕が1番成長したことは、自ら学ぶ力です。今までは学校の先生からやれと言われ、嫌々やっていたのですが、タイシンに入り、仲間の自ら学ぶ姿勢を見て自分を自ら学ぶ姿勢がつき、効率的かつ効果的な勉強ができたので、自ら学ぶ力が1番成長したと思います。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 時間を効率よく使うことです。僕は受験の時も部活動を行なっていました。他の受験生に比べたらかなり勉強時間は取れないんですけど移動時間や、休み時間などに勉強する癖をつけることで時間を効率よく使えます。これはとても大事だと思います。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 体育系大学に進学したいと思うなら必ず体育進学センターに通うべきだと思います。タイシンでは各大学の傾向にそって授業をしてくれるのはもちろん、先生方は気軽に相談も乗ってくれ、他の塾とは違います。これは通ってみたら実感すると思うので是非通ってみてください。


205094_大口篤.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部体育学科
総合型選抜合格!

神奈川県 私立 湘南学院高校
硬式野球部
大口篤さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来保健体育教諭になるために教育原理や様々なスポーツの知識を幅広く取り入れるためには、体育系大学しかない思った。その中でも日体を選んだ理由は保健体育教諭を多く輩出していたり、オリンピック選手が多くいたりしたので将来の夢を実現させるためには日体が1番だと思った。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 総合型選抜を受けるにあたって何を勉強したらいいのか、どうやって勉強したらいいのかなど全く分からなく悩んでいたら面接の実施方法なども教えていることを知り入学しました。また日体に通っている先輩方も多く入学していたので入りました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 体育やスポーツの知識を幅広く学べたことが1番よかったと思いました。幅広く学べたことで面接でちょっと予想していなかった質問でも幅広い知識を学んでいたことでうまく言えたりしたのでよかった。面接もどこがダメか指摘してもらったりしたので自分のダメなところをすぐに改善できた。

Q.タイシンで1番成長したこと

 1番成長したことは面接での受け答えだと思いました。初めは練習でもめちゃめちゃ緊張して頭真っ白になったりしたけど本番では始まる前は緊張していたが話し始めたら自信がついてきて落ち着いて受け答えができたので1番成長したと思いました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 繰り返しやることが大切だと思いました。面接もそうですし口頭試問の勉強も繰り返し覚えてやっていたのでそれがとてもいい結果になったと思いました。特に面接は1番重要だと思ったのだ面接での態度や受け答えはよく練習していました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 1番は自信を持つことだと思います。自信を持てば面接でも言いたいこと伝えたいことが言えますし、自信を持って答えればそれは相手にも伝わるなって今回の面接で感じたので自信を持てるようになるまで繰り返し勉強や練習をすることが大切です!がんばれ!




日本体育大学 体育学部
健康学科 合格体験記

204005_神部早希.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

神奈川県 私立 カリタス女子高校
ソフトボール部
神部早希さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は幼い頃から体を動かすことが好きなので、体育大学に進学してスポーツに関わる仕事をしたいと考えていました。また、私は将来保健体育の知識を持つ養護教諭という立場から子どもの心身の健康へのサポートができたらと考えたため、体育大学を受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 体育大学に進学したいと考えていたところ、学校にタイシンのパンフレットがあった為、知りました。高校2年生の時からタイシンの様々な講習を受け、総合型選抜は専門的な知識が必要とされるため入学を決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 体育大学へ進学するにあたって、専門的な知識を蓄えることができたことはもちろん、同じ目標を持つ仲間と出会えたことが一番良かったと感じています。例年とは受験内容が違ったためとても心配でしたが、お互いに問題を出し合い、鼓舞していけたことが自信に繋がったと思っています。

Q.タイシンで1番成長したこと

 時間の使い方において成長できたと感じています。隙間時間に自分の苦手な部分を頭の中で整理することで理解を深めました。また、1日のノルマを決めることで、予定を立てる習慣がつきました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 私は机に向かって勉強を始めるまでがとても遅いと自覚していたので、電車を待っている間や休み時間などのちょっとした時間を大切にしていました。覚えることを書いたカードを作り、「どこまで覚える」とノルマを決めた上で行うことによってその日のゴールが見えるため、やる気を起こすことができました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 周りの人の力を借りることが大切だということを伝えたいです。私は、学校の先生方や同じ方法で日本体育大学に進学された先輩にお話を伺ったり、家族に問題を出してもらうことで自分自身の負担を少し減らせたからです。また、問題を出してもらうときはクイズのようにゲーム感覚で行うことで、楽しく知識をつけることができました。


204012_鮫島千穂.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

東京都 私立 藤村女子高等学校
柔道部
鮫島千穂さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来の夢は子どもの健康に関して深い部分まで理解した保健体育教師になることです。将来体育と保健を教える上で体育系大学に進学することで高度な知識を身につける方ができると考えたからです。また、日本体育大学は体育スポーツに強い大学でもあり、多くのオリンピック選手や保健体育教師を輩出しているため日本体育大学を志望しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 高校のタイシン卒業生の保健対体育教師から勧められ、タイシンに入学しようと決めました!3月の無料体験から入学し、授業を受けるたびに、自分の知識が増えるのを実感することができ、より日本体育大学に入学したいという気持ちが高まりまた!

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 情報量がとても増えました。増えたことにより、一つのことに対して多方面から考える力がつきました。また、身近に頑張っている人がいることで自分もがんばらなきゃ!っていう気持ちになり、自分自身の気持ちを上げることができました!

Q.タイシンで1番成長したこと

 コミュニケーション能力や自分自身の勉強時間がとても増えたところが一番成長したと思います。オンラインでの授業でも積極的にみんなと話したりすることができるようになりました。また、タイシンの授業外での勉強も怠らずに行いました。例えば学校の休み時間や放課後、登下校の時間を利用して。友達に問題を出してもらったら、面接練習を行ったり。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 1日のスケジュールです。私は長時間勉強をすることが苦手なので、前日に次の日にやるべきとこを細かく書いてそれを達成するためのタイムスケジュールを書いて毎日持ち歩いてました。目標を達成するために次やるべきことはなんだろうと言う明確な目標が持てるようになりました!

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 受験は自分がどれだけ努力するかで合否が変わってくると思います。時には息抜きも必要ですが、自分に勝つことが最も重要です!!やった分だけいいことが帰ってきます!!このことを信じて合格を勝ち取ってほしいです!


204033_宮里彩希.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

宮崎県 県立 都城西高等学校
バスケットボール
宮里彩希さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は保健体育教諭と養護教諭の二つの資格を取りたいと思ったので、日本体育大学の健康学科を志望しました。日本体育大学は他の大学より専門的に二つの資格を学ぶことができ、世界水準の施設や設備が整っているのも魅力で、私もこの環境で学びたいと思ったのも理由の一つです。実際にオープンキャンパスに行ってみると、想像していたものをはるかに超える大きくてきれいな学校に魅力を感じました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 高校の先輩の合格体験記を読ませていただいたときに「体育進学センター」という予備校があるというのを知りました。しかし、私は宮崎で暮らしているため、夏休みの間だけ通うことをお願いすることはできませんか。という感じでした。しかし、このようなコロナの影響でオンライン授業ということもあり、入学させていただきました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 専門的な知識を身につけることができたと思います。課題シートを提出するうえで必要な知識やグラフの読み取りなど最低限の必要なことから専門的なことなどたくさん学ぶことができました。実際、体育進学センターに通っていなかったら専門的な知識を学ぶのはもちろん、グラフの読み取りなど知識を身に着けることができずにいたと思います。

Q.タイシンで1番成長したこと

 わたしが一番成長したことは話す、コミュニケーションを取ることです。私一人、宮崎県民で、ほかの同級生は都会の人たちで、心配しかありませんでした。都会の子たちはしっかりしていて、お話も上手で、私にはない者ばかりをもっていました。私もそれについていかないと。という一心で話すことが苦手な私でも、自分なりにコミュニケーションを取るようにを頑張りました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 体育進学センターのオンラインの授業以外でしっかり対策することと、私は受験が終わるまでは出かけず、勉強に励むようにしていました。他の高校のメンバーは遊んだり、私自身も誘われることはあったけれども、誘惑に負けず、人に流されず頑張りました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 体育進学センターに通えば、専門知識やグラフの読み取り、口頭試問のための知識を身につけるためにもすごく良いと思います。確実に自分のものになるし、一緒に頑張ることのできるメンバーにも出会えるのも魅力だと思います。


204080_佐々木くる美.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 厚木北高校
陸上部
佐々木くる美さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来、高校の教師になるのが夢でした。保健体育だけでなく他の教科の教師も考えましたが、自分はスポーツに自信があり、それが自分の武器だと思いました。そして、保健体育教師を目指すため、体育大学進学を決めました。そして、日本体育大学は誰もが知っていて、スポーツで有名な大学であり、とても憧れていました。自分なんかが進学できるなど思っていませんでしたが、先生や先輩からの勧められ、決心し、受験することが出来ました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日本体育大学を受験することを決意し、勉強を始めようと思いましたが、実際に何をどれぐらい勉強すればいいのかなど全く分かりませんでした。そこで学校の先生に相談したところ、体育進学センターを勧められ、私は絶対に志望校に合格したいと強く思っていたので、体育進学センターに入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 学校の保健体育の授業で習ったこと以上のことを学ぶことが出来たところです。より大学の授業に近い専門的な知識を学ぶことができたため、理解も深めることができました。また、知識を蓄えるだけでなく、同じ志望校の友達と一緒に勉強できるのでよりお互いを高め合い、試験に向けて頑張ることができました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 知識を蓄えれたのはもちろんですが、コミュニケーション力をより高められたと思います。授業中にも友達と話し合う場面が多くあり、自分の意見を発言する場面がありました。そのため、自分の意見を考え、口に出し相手に伝えると言うことが上手くできるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 繰り返し勉強することを大切にしました。体育進学センターの授業でやったものをさらに自分でノートにまとめ、それを口に出して覚えていくことをしてきました。そのことによって、より暗記することができ、面接などでもすらすらと答えることができ、自分の自信に繋がりました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 憧れの大学に行きたいけど、自分はスポーツしかやってきてないから勉強に自信が無いから諦めると言う考えは捨ててください!志望校に入りたい強い気持ちさえあればそこから勉強も頑張れるし、タイシンも含め、自分の周りの人は絶対に支えてくれるから、絶対に諦めないで将来の夢に向かって進み続けることが大切です!


204219_小林柚希.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

東京都 私立 国士舘高校
陸上競技部
小林柚希さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来、保健体育の教員になりたいと考えていてその中でも生徒に心理的にも寄り添ってあげられるスクールソーシャルワーカーの知識をもった教員になりたいと考えているので体育学部健康学科は自分にとてもぴったりな学科だったから。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日本女子体育大学を目指している友達がいてその友達に凄くいいよと勧められて入ってみようと思った。それと同時に自分としても何を勉強したらよいかわからない状態だったのでタイシンに入って受験に向かおうと思ったから。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 自学が出来ないことや分からない知識をタイシンに入ってとても学べた。入ってからは時代背景なども含めて多くの知識を取り入れられたので、ここまでやったなら大丈夫だ、と試験は自信をもって挑めた。そして仲間が頑張ってるのをみて自分も頑張らないとと思えた。

Q.タイシンで1番成長したこと

 タイシンに入らなかったら分からなかった知識をタイシンに入ってたくさん身に付けられたこと。そして何より不安な材料がなく、やり切ったぞという気持ちで試験に向かえたので、とても人として成長できたと思う。そしてタイシンに通うことでより目標が明確になった気がした。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 辛い時の方が断然多かったけどここが乗り越え時だと言い聞かせながらやっていた。気持ちで負けたら終わりだと思って、将来像を思い浮かべながら勉強するように心がけた。そして、なにより楽しみながらやろうということを念頭においてやっていた。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンは様々なことを学べるとともに友達も多くでき、心強いというのが私の中では大きかった。同じ目標の人たちなので切磋琢磨しながらライバルとしても仲間としても1つのことに向かえた。タイシンに入って自分に自信がついたので入って良かったと心から思えた。


205008_笹井結.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 伊勢原高等学校
女子サッカー部
笹井結さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来保健体育教員になりたいと考えています。そのための学びができる体育・スポーツ系大学を受験しました。また、現在兄が日本体育大学に在籍しており、授業や学校生活の魅力を教えてもらうことができ、ぜひ同じ場所で学びたいと考えたためです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 私は、タイシンの卒業生である兄からの勧めをきっかけにタイシンに入学しました。兄は現在日本体育大学に在籍しています。そのため、私もタイシンに入学することで、日本体育大学合格に近づけるのではないかと考えました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 保健体育の教科書に載っている基本の知識から教科書には載っていない保健体育の知識を多く学べる点です。資料や調査結果などを自分で勉強し理解し学んでいくことは難しいですが、タイシンではできるだけわかりやすく教えてくださいます。また、生徒同士で考えを述べ合う場もあるため、考えの幅も広がりました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 最も成長したことは、保健体育に関する知識量です。初めは、教科書などを読んでも全くわからないような状態からのスタートでした。しかし今では、当たり前のように説明できるようなことばかりになりました。さらに、覚えた知識を生かし、応用をきかせられるようにもなりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 受験生活で大切にしていたことは、様々なことを我慢をすることです。例えば、テレビを見ることやSNSなどの娯楽の時間はすべて受験勉強の時間に充てるように変えました。我慢をすることについては最初は苦しいと感じてしまいますが、「ここで我慢すれば合格できる」と考えながらひたすら勉強をしました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 新型コロナウイルス感染症の影響で私たちは途中で受験方法が変わりました。しかし、その変化に動揺せず新たな勉強法を見つける対応力が必要だと感じました。そのため、これから受験する方々は様々な事態を想定しながら受験勉強をしていくと良いと思います。志望校の合格を勝ち取れるように頑張ってください!


205043_矢澤亜美.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

神奈川県 私立 平塚学園高等学校
チアダンス部
矢澤亜美さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 高校の保健体育教師になりたいという夢があるため、日体大を受験しました。その上でなぜ日体大かと言うと、他大学と比べて教員輩出数が高い点に魅力を感じました。高いほど、質の高い授業、整った環境があるのだと確信し、ぜひ自分もそこで夢に向けて実力を身につけていきたいと思ったからです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日体大出身の先生と、高校一年生の時の担任の先生に、タイシンを紹介されて入学しました。日体大の総合型選抜は難しいため、合格するために、面接の実力や保健体育の知識を身につけて合格ラインまで近づきたいと思いました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 面接の授業では、初めの頃は全く喋ることができず、内容も薄かったです。しかし、各先生からアドバイスを頂き、ピンポイントに指導してくださり、毎回改善していくうち、褒められるまでに成長しました。面接は何も怖くない!って思うくらいになりました。口頭試問では、保健体育の知識を深く広く学ぶことができました。その知識を面接に生かしたり、口頭試問でプラスアルファーとして喋ることができました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 考えたことを言語化する力です。紙に文字を書くことは簡単ですが、それをその場で言葉にして話すことはとても難しいことだと思います。だけど、話のポイントを抑えて、言語化する練習をすればするほど、スラスラ言えて、聞き手にも理解しやすい話し方になりました。何十回も面接練習をしてきたからこそ成長できた力だと思っています。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 声に出して練習する事です。今回は面接と口頭試問だったので、とにかく口に出していました。1人の時や、友達がいる時は協力してもらって話す練習をしました。保健体育の知識も書くことよりも、その事についてどれだけ知っているか、パッと話せるか、を重要視してました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私はタイシンに入って、大正解だったと思います!高3の7月下旬からタイシンに入学しました。面接の実力、保健体育の知識を一から学んで、確実に自分の力が上がりました。最初は喋ることが出来ませんでしたが、本番では沢山対策してきたからこそ自信がついていて、本番でもいつも通りに話すことができました。総合型選抜は厳しい受験だと思いますが、タイシンで本気で取り組んだからこそ合格できました!タイシンに大感謝です!ありがとうございました!


205105_三觜彩.jpg

日本体育大学体育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学体育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学体育学部健康学科
総合型選抜合格!

東京都 都立 松が谷高校
陸上競技部
三觜彩さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 小さい頃から体を動かすことが大好きで、できるだけ長く体育・スポーツと関わっていたいという気持ちから自然と体育・スポーツ系大学への進学を考えるようになりました。高校三年間を通して養護教諭になりたいという明確な目標ができ、その目標を達成させるために必要な知識を身につける学習環境が整っているだけでなく、部活動やサークル活動も充実していることから日本体育大学への受験を決めました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 学校で担任の先生と進路相談をしていた際にタイシンを勧めていただいたのがきっかけです。他の塾での予定もあったので、最初は夏期講習を受講しました。そこで実際に授業の雰囲気を体感し、タイシンで勉強していきたいと思い、入学を決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 保健体育の基本的な知識だけでなく、学校の授業では学ぶことが出来ないような専門的な内容や、時事問題などを知ることができたことです。タイシンの授業を通して、口頭試問への対策方法を見つけることが出来、たくさんの知識を身につけることが出来たと思います。

Q.タイシンで1番成長したこと

 受験に時間が増えたことです。タイシンの授業を通して、同じ大学を目指す仲間ができ、仲間たちから刺激をもらって自分は何をすべきかを考えることができるようになったと思います。勉強時間が増えたことはもちろん、学校でも友達や先生に協力をお願いし自ら積極的に面接や口頭試問の練習を行うようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 復習をすることです。タイシンへの入学が遅かったので、授業で学んだことは絶対に押さえるように心がけました。授業のメモをノートにまとめ直したり、学校の友達に話を聞いてもらったりすることを反復して行いました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私は、ネガティブ思考で受験期に何度も心が折れそうになりました。タイシンに通い始め、先生方や仲間たちにたくさんアドバイスをもらったり、励ましてもらったりして、乗り越えることが出来ました。タイシンに入って本当に良かったと思っています。そして、先生方や仲間たちに感謝しています!感謝の気持ちを忘れずに、受験勉強頑張ってください!




学科を選択してください

日本体育大学 スポーツマネジメント学部
スポーツライフマネジメント学科 合格体験記

205018_鴻嶋萌々香.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
総合型選抜合格!

東京都 都立 小川高等学校
陸上競技部
鴻嶋萌々香さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は小学生の頃から様々なスポーツを経験してきて、高校では陸上競技を行っていました。日本体育大学で陸上競技記録会が行われていたこともあり興味を持ちました。また、実際に自分の顧問の先生や保健体育の先生方に日体大を卒業された方が多くいたのも日本体育大学に決めた理由の一つです。そして、スポーツライフマネジメント学科では日本体育大学のどの学科よりも多くの資格を取得することができることに魅力を感じました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日本体育大学のオープンキャンパスで宣伝をしていたことや、高校の先輩で日本体育大学に進学された方に相談したところ、タイシンに通って合格したよ!と言っていたので詳しく調べると多くの方がタイシンから日体大に合格していたのでここに決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 運動・スポーツに関する学びを幅広く学ぶことができるところです。専門予備校だからこそ、幅広く、深く学ぶことができると思いました。コロナ禍において、受験内容が変わったにもかかわらず素早く対応し、授業内容も変更してくださったので当日も焦らず試験を受けることができました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 自分の意見を持ちつつ、相手の意見もしっかり聞く力が身に付いたと思います。私はもともと自分の考えをうまく持つことができず、周りに流されがちでした。しかし、タイシンの授業では自分の意見を述べて相手に説明をして、相手もしっかりとリアクションをとってくれるので自分の考えに対して自信を持つことができました。そして相手の意見の良いところは何か、反対に何かプラスすることはあるかなど、今まででは考えつかないアイデアを吸収することができ、物事を多角的視点から捉えることができるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 息抜きを大切にしてました。受験だから好きなことをやめるのではなく、勉強をしながらでも1日のノルマを達成したら息抜きとしてランニングをしようなど、受験勉強だけにとらわれないようにしていました。そうすることで勉強にも集中することができました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 総合型選抜は他の試験よりも試験日が早い分、対策も早くやる必要があります。志望校を決めたらとことんその学校、学部、学科などについて調べたり、実際にオープンキャンパスに行ったりして情報量を増やすことが大切だと思いました。周りに流されず合格したいという強い気持ちを持って頑張ってください!!


205004_原田柊花.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 私立 横浜学園高等学校
ソフトボール部
原田柊花さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は幼い頃からスポーツが好きだったので、将来はスポーツに関連した仕事がしたいと考えていました。そこで、障がいを持った友人をきっかけに障害者スポーツの指導者になりたいと考えるようになりました。そして、この夢を叶えるためにはスポーツ系大学での学びが鍵になってくると思いスポーツ系大学の進学を目指しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 私がタイシンに入学したきっかけは、高2の時の日本体育大学のオープンキャンパスで配っていたチラシを見たのがきっかけです。そのチラシには、タイシンの合格実績の高さが書かれていて、私もタイシンに通うことで合格への道に近づけると思いました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 タイシンで行っている対策で良かったことは、学校の保健の教科書よりも更に深い知識が学べるところです。奥深い知識を学べることにより、本番の試験だったり出願時に出す課題で他の人と差をつけることができるところとてもいいです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 タイシンで1番成長したことは、初対面の人でもフレンドリーに接する能力が身についたところです。タイシンの授業ではグループワークが多かったので、そこで色々な人と意見を出したり聞いたりし、自信を高めることもできました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 受験時に大切にしていたことは、ネガティブ思考にならないように意識していました。なので、友人との会話等では絶対にネガティブ発言や態度をしないようにお互いを励まし合いながら生活をするように心がけていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンに通ってくる受験生はみんな目標に向かって一生懸命努力する人が多いです。その中で一緒に努力できるということは自身の成長にもつながり、友人と共に高め合うこともできます。また、知識も豊富に身につけることができるので合格への近道になると思います。


205010_大山楓.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 金沢総合高校
無所属
大山楓さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来、保健体育科教員になりたいと考えています。そこで、学校の体育科の先生に相談したところ、日本体育大学を進められました。卒業生の多くが保健体育科教員として活躍していることから日本体育大学で学ぶことで私の夢を実現させることができると思い、受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 私がタイシンに入学したきっかけは、学校の先生の紹介でした。体育系大学を目指すのであれば、タイシンに通うのが一番だと言われました。そこで、体験授業に参加したところ、体育系大学に合格するためには、タイシンでの学びが必要であると感じ、入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 スポーツに対しての知識を高められたところです。総合型選抜や学校推薦型選抜では、スポーツに関連した問題が出題され、口頭で説明できなければなりませんでした。そのため、多くの知識が必要でした。しかし、タイシンで対策したことで多くの知識を身に付けることができ、様々な質問に対応することができました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 私がタイシンで一番成長したことは、スポーツに対しての知識を身に付け、口頭で説明できるようになったことです。最初は、言葉すらわからなく、説明できない状態でした。しかし、授業で知識を深めることができ、グループワークなどで、自分の意見を伝えることやお互いに質問しあうことで徐々に口頭で説明できるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 受験生活で大切にしていたことは、時間を無駄にしないということです。24時間という平等な時間で、どれだけ受験勉強に時間を使うことができるかによって、結果は変わると常に思っていました。しかし、やりすぎて体調を崩してしまっては意味がないため、無理をしないようにすることも心がけていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私は、部活動に入っていませんでした。そのため、体育系大学に進学することは難しいのかなと考えていました。しかし、日本体育大学に行きたいという気持ちがあきらめきれず、受験することを決めました。部活動に入ってなくても学びたいという強い気持ちを持ち、努力し続ければ叶います。頑張ってください。


205049_佐々川歩樹.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 荏田高校
サッカー部
佐々川歩樹さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 中学生の頃から保健体育科教員を目指していて、その夢を実現させるために必要な資格と勉強、そして就職率などを総合的に考えた結果、進学を決めました。また、身近に同じような夢を持っている人が少なかったので、同じ夢を持つ仲間を増やしたいという考えもありました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 タイシンに入学したきっかけは、担任の先生がタイシンの出身で、日本体育大学に行きたいなら入った方がいい、と言われたことがきっかけです。そこから実際に体験授業や説明会などに参加して、入学を決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 体育・スポーツに関する知識が問われる受験だと聞いていたので、凄く不安でしたが、丁寧かつ多くの事を教えてくださりとても強みになりました。また、面接では良かった点と改善点を正確に教えてくださったことで、自信をもって話せるようになりました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 タイシンで1番成長したことは、面接で自分の考えをしっかりと言葉で表現できるようになった所です。面接練習を始めた頃は、考えはあってもそれを上手く表現できなくて、詰まってしまうことが多かったのですが、夏期特訓でたくさん練習をしたことで上手く言葉で表現出来るようになり、自信につながりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 分からないことは直ぐに調べて知識を蓄えることです。授業内や本などを読んでいる際に、分からなかったり知らない言葉がでたら、すぐにメモをして必ず調べるようにしていました。そうすることで自分自身の知識の幅が広がりました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 受験には家族、学校やタイシンの先生、学校の友達、同じ夢を目指す仲間など多くの人が関わっています。感謝をすることを忘れずに、自分を信じて勉強をすれば必ず合格できます!本番は緊張すると思うけど、自分が1番勉強したんだ、と自信をもって楽しんで下さい。応援してます!


205057_高木一美.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 金沢総合高等学校
陸上競技部
高木一美さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来、多くの人の身近にスポーツのある環境を提供していきたいと考えています。そのうえで日本体育大学は、私の将来の夢を叶えるための学び、そして施設が特化されていると考えました。競技スポーツだけでなく、レクリエーションスポーツや障害者スポーツ等、他大学では深く学べないことを日本体育大学では十分に学べると考え、受験いたしました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 自分の将来を叶えるための大学に、必ず入りたいという強い気持ちがあったからです。私は初め、大学が全く決まらない状態でした。そんな時、タイシンに電話した際に先生方が親身になって私の話を聞いて下さり、大学を決めることが出来ました。そして私はタイシンなら絶対に合格できると強い確信を持ち、入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 確実に、体育・スポーツに関する知識を沢山身につけられたと身をもって感じています。私はタイシンに入ったことで、今の日本人のスポーツに関する意識などを深く知ることが出来、そこから私が将来どんなことをして人々の身近にスポーツを取り入れることが出来るか、など将来像を明確にすることが出来ました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 「今自分がやるべき事」というものを理解し自分を成長させることが出来ました。受験勉強をしていく上で、今何をやるのが一番いいのか等、自分が出来ること、やるべき事をしっかりと考え行動に移すことで、日々の日常生活も効率よく行動することが出来ました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 在り来りになってしまいますが、「最後まで諦めない気持ち」を大切にしていました。受験勉強をしていく上で、何度も気持ちが折れたことがありました。「もう無理かもしれない」「諦めてしまおうかな」そう思ったことが沢山ありました。しかし、その都度私は、日本体育大学に入学してからの生活を頭に浮かべ、最高の大学生活を送るために諦めずに頑張ろうと日々努力しました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンに入れば必ず自分を成長させることが出来る、ということを伝えたいです。タイシンに入ったことで体育・スポーツに関する知識だけでなく、多くの友達ができるため、コミュニケーション能力を高めることが出来たり、最高の仲間ができます。夢を叶えるためにも目標を達成させるためにも、最後まで諦めないで欲しいです。


205067_池田啓祥.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 私立 横浜創英高校
サッカー部
池田啓祥さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私はこれから社会に出て生きていく第一として、健康で活力ある人間になるべきだと考えました。そのためには、健康の三原則である食事・睡眠・運動をしっかり行うべきである。食事はお腹が空けば食事をする。睡眠は眠くなれば寝る。ですが、運動は身体からの反応が無いので多くの人が怠りやすいです。そこで私は、保健体育教諭として運動することが当たり前になるような社会づくりに貢献したいからです。これらを実現する準備が日体でできると考えました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 受験準備を全くしていない状態で部活と受験の両立をしたい自分が、大学の課題や試験の準備を1人で全て行うのは正直無理だと考えました。そこで、学校の担任からタイシンのチラシをもらい面談させていただきました。面談していく中で、より試験の難しさを感じましたが、タイシンがいれば乗り越えられるという安心感も感じたのでタイシンに入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 それぞれの大学の先輩たちが培った経験をそのまま自分たちに提供してもらえるところです。それぞれの学科にほぼ毎年、先輩のどなたかが受験されて、試験の内容などをタイシンが蓄えているから、自分の時に、試験内容の傾向に沿った授業で知識を提供してもらえるところがタイシンでの対策で良かったことです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 仲間の大切さを改めて感じることができたのが1番成長したことです。初めはタイシンの生徒をライバルとしか見れなかったが、授業を通して距離も近くなり、みんなで合格したいという気持ちになり、そのためにも自分の中でもっと本気で努力と言える努力をしなければいけないとモチベーションを維持し努力することができました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 受験勉強をしている辛い時間は人生の中では『ほんの少し』であるが、もしこのほんの少しの時間を怠ると、不合格という『一生』後悔してしまうという気持ちを大切にしてきました。勉強すれば必ず合格できるとは限らないが、決して無駄な時間にはならないと信じて行動してきました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 受験方式によっては受験の時期も違うため、学校や普段の友達とは環境が合わないかもしれないけど、そんな時はタイシンの仲間との努力の生活をすることで、環境を合わせることができます。普段の友達は遊んでいたとしても、自分が合格するためには今なにをするべきなのかを考えて、後悔のない受験をしてほしいです。タイシンや親など、受験を支えてくれた人に合格という結果で感謝の気持ちを伝えましょう!




日本体育大学 スポーツマネジメント学部
スポーツマネジメント学科 合格体験記

205020_富永眞洋蕗.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツマネジメント学科
総合型選抜合格!

静岡県 県立 三島北高等学校
ソフトボール部
富永眞洋蕗さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来スポーツ関連企業の国内外での販売業に携わりたいと考えていたため、スポーツ経験が豊富で、実践演習が多い日体大を志望しました。日体大でのオープンキャンパスに参加させていただき、日体大の雰囲気や、理事長、学長の言葉から更にここで勉強したいと思いました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日体大に行きたいと考えていましたが、母親が、日体大の試験、総合考査からやる?と聞かれたので、そこから興味がわき、総合考査でたくさんこれからの勉強をしてから日体大で勉強したいと思うようになり、どーやったらその力が身につくのだろうと考えました。そして母親に紹介されたのが、タイシンでした。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 授業が終わっても、タイシン生で話せるのが良かった。自分の考え以外に他の人の意見を吸収できたのが良かった。コロナの影響で面接及び口頭試問に切り替わったので、オンラインの面接練習はとても役立ちました。また、その中でも生徒同士で質問したり、フィードバックするのが新鮮で新たな刺激になりました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 最初は練習不足、知識不足で他のタイシン生よりもほとんど出来ていませんでしたが、夏では毎日と言うほど練習を重ね、夏期特訓以降では、褒められることの方が多くなって行ったのがとても嬉しかったです。私は特に喋り方が早口になっていくことが多かったですが、本番までには改善され話も簡潔にまとめられていたので良かったと思います。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 毎日の習慣をつけました。私は、日が経つとすぐ忘れてしまうので、忘れないように毎日タイシンで学んだことをインプットアウトプットを繰り返し行いました。また、1人だと乗り越えられないので自分はひとりじゃないみんなと合格してやるんだとずっとその気持ちを大切にしていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンでは、一緒に同じ場所を目指す同級生と勉強できます。だからモチベーションも上がるし自分ももっともっと頑張らなきゃと意欲向上にも繋がります。私はタイシンに通えてほんとに良かったと思っているし、何より一緒に戦ってきた仲間と同じ大学で勉強できることがほんとに楽しみです。自分の夢の実現のためにみなさんも頑張ってください。


205022_齋田七夕.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 金沢総合高等学校
陸上競技部
齋田七夕さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来は、スポーツに携わる仕事をしたいと考えています。中学生の頃から憧れ、スポーツに特化した学びの場が存在する日本体育大学を志望しました。スポーツが与える感動や喜び、そしてスポーツの価値を自分自身の肌で感じることで、スポーツの良さを伝えていけると考えたからです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 もともと先輩が通っていたので知っていたのですが、体育の先生に勧められて、タイシンをより意識するようになりました。特に1月の無料体験講座では、同じ夢を持つ仲間たちと意見を交換したりコミュニケーションを取ることができ、タイシンに入りたいと思う気持ちが強くなりました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 たくさんの人と会話をできたことです。今年はオンラインでどうなるか不安でしたが、他の人の意見を聞くことはもちろん、同じ夢をもつ仲間がいることへの安心感もあり、絶対に合格したいと言う思いが日に日に強くなりました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 文章力です。もともと文章を書くことが苦手で課題シートなどがとても不安でした。しかし、タイシンの先生方に相談するとアドバイスをくださり、徐々に自分の言葉でかけるようになりました。また、タイシン生同士でも意見を交わしたことで、自分自身の知識の幅も広がり、自分の言葉で文章が書けるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 とにかく我慢をしてました。「遊びたい」「寝たい」「どこか行きたい」という感情を抑え、大学合格のために日々勉強に励んでいました。たくさん我慢をしたからこそ、合格を手にした今がとても楽しくて幸せです!!!

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 対策すればするほど自信はつきます。自信がつけば、勉強もはかどります。とにかく目標を見失わないで、努力し続ければ必ず合格できます。受験の日、「誰よりも勉強したから大丈夫」という自信を持って挑めるように、今から頑張ってください!!


205100_大塚亮輔.jpg

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツマネジメント学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 有馬高等学校
陸上競技部
大塚亮輔さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来スポーツ用品会社に勤めることと保健体育教員になるという2つの夢があり、それぞれに必要な知識を専門的に学びたいと考えたから日本体育大学のスポーツマネジメント学部を志望しました。この学科ではこの2つに有用な専門的な知識を養成できると考えました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 部活の最後の大会が9月にあり、受験勉強はしておりましたが、ほぼ部活に専念していました。試験本番が10月にあり、自分1人で突き詰めるのは無理があると考えました。そこでタイシンの体験授業からアットホームな雰囲気で学べることが分かったので入学をしました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 学校の先生でスポーツ方面の知識に疎い人が多く、質問をしても曖昧な回答が返ってきます。そういった面では学校の先生では物足りず、その人の少ない知識で本番に臨むことになると思います。そこでタイシンのような専門予備校なら質問に対して的確な答えが返ってくることが多かったです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 答える際に自分の知っている知識を組み合わせて問いに答えを出せるようになったということです。さらに省庁などが出している白書などに書かれていることから現状の課題と対策法に対して多面的に考えることができるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 自分は二つのことを重視しました。一つ目は、オンからオフに切り替える際の行動を早くするということです。勉強を始めてしまえばこっちのものなのでそこを意識しました。二つ目は、息抜きを重視しました。勉強と同じくらいに休むことは大事です。なので自分は週に一回、部活動に出てリフレッシュする時間を設けました。そのおかげで頭がスッキリして勉強に臨めました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンにいる人たちは全員すごくレベルが高いです。自分なんかより遥かに高い人もいます。でも自分もその中の一員であるということを忘れないでほしいです。そして自分のことをたくさん褒めてあげてください。受験期はメンタルケアが重要になります。些細なことでも自分を褒めれば自然と前向きになれます。




学科を選択してください

日本体育大学 保健医療学部
救急医療学科 合格体験記

205034_松葉澪良.jpg

日本体育大学保健医療学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学保健医療学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学保健医療学部整復医療学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 麻溝台高等学校
バトン部
松葉澪良さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来、柔道整復師兼スポーツトレーナーとして働きたいため、柔道整復学とスポーツの両方を学べるところに魅力を感じました。また、トップアスリートが多く在籍していることや充実した実習がある事、トレーナー研究会がある事も志望した決め手でした。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 志望校を日本体育大学に決めた時に、どのように対策をとればいいか調べたら、体育進学センターがヒットしました。また、日本体育大学に進学した先輩に話を聞いたところ、体育進学センターをおすすめされたため入学を決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 専門分野の知識が増えたことや知識をアウトプットする力がつきました。面接練習では人前で話す事に慣れ、余裕を持って話せるようになりました。自分でどんな勉強をしたらいいかが明確になりました。友達と一緒に切磋琢磨出来たことも良かったです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 体進の授業を受けて1番成長したことは、知識が増えたことと、自分の考えや知識を文章や言葉でしっかり伝えることができるようになったことです。最初はぎこちなかった喋り方も、余裕を持って自分らしく話せるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 受験生活では、日体大に入りたいという初心を忘れずに、毎日コツコツ準備をすることを大切にしました。また、知識が増えていくことや喋れるようになってきているという成長を楽しみながら、ポジティブに頑張るように意識しました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 なるべく早い段階からやるべき事を明確にして、目標を持って毎日コツコツ準備をした方がいいと思います。また、タイシンには同じ目標を持った仲間が沢山いるので、切磋琢磨してみんなで合格に向かって頑張って欲しいです。


205045_今村海里.jpg

日本体育大学保健医療学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学保健医療学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学保健医療学部救急医療学科
総合型選抜合格!

神奈川県 私立 聖ヨゼフ学園高等学校
インターアクトクラブ
今村海里さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 救急救命士の資格を持った警察官となり、広域緊急援助隊になりたいと考えていたので、救急医療学科を志望しました。日体を受験した理由は、設備の良さや雰囲気の良さなど環境的な要素に加え、女性の指導者が多い点と、英語学習も充実し公務員試験対策が同時にできるという点で志望校に決定しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 オープンキャンパスの際にチラシをもらい、特殊な試験に不安があったので、合格実績も高い体育大学専門の塾にお願いしようということになり入学しました。オープンキャンパスで学生の方が通っていたという話を聞いたこともきっかけの一つです。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 課題シートの内容変更や総合考査の中止、面接のオンライン化など変更が多い中で、ぶれずに授業が進んだことや、オンラインでの面接に慣れることができたことなど、タイシンでやったこと全てが入試の際の力になりました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 余裕を持って、自分の意見を相手に伝える能力がついたと思います。最初のうちは、緊張などから言葉が詰まったり、言いたいことをはっきり伝えることができなかったりしましたが、繰り返しの練習や毎回ペアが変わる授業形式のおかげで、隙のない答えや余裕を持った回答をする能力が身につきました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 この大学で学びたい!という気持ちを常に持っていました。学校の友達とは全く異なる分野に進むため、少し不安なども感じましたが、自分の意思を曲げないことが1番の強さになると思うので、夢を忘れずに過ごすようにしていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 意思を曲げないことです。これがやりたい!という気持ちがあれば、必ず面接官に伝わると思いますし、自分を奮い立たせる原動力にもなります。周りとは進む分野が異なり特殊なので、不安だったり、周りの目を気にすることがあるかもしれませんが、目的を持っているだけで一歩リードです!自分を信じて、目標を叶えてください。


207083_松本侑真.jpg

日本体育大学保健医療学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学保健医療学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学保健医療学部救急医療学科
総合型選抜合格!

福岡県 私立 九州国際大学付属高等学校
体操競技部
松本侑真さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私の目指す救急救命士に1番近づくことができる大学だと考えたためです。専門学校や他の大学とは比べもにならない設備や実務経験豊富な先生方が揃っているため即戦力となれる救急救命士になることが出来ると考えたためです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 新型コロナウイルスの流行により、総合考査がなくなりオンライン面接となったのがきっかけです。口頭試問に対する知識や面接でアウトプットする力などをより一層深めなくては合格することは不可能だと考えたためです。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 1番は先生の温かさだと思います。厳しく指導するのではなく優しく指導してくださり、また心から寄り添い授業してくださるのでリラックスして授業を受けることが出来ました。また生徒同士で面接や口頭試問の練習が行えることも良かったと思います。同学年の生徒同士で練習することで意識を高め、勉強への意欲を増させることが出来ました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 知識を身につけそれを相手に伝える力です。入学直後は全く知識もなく相手に伝える力もなかったため全く話すことが出来ませんでした。約1ヶ月半コツコツと努力を続けることで徐々に話すことができるようになりました。最終的には笑顔で余裕を持って話すこともできるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 成長し続けると信じ、学び続けることを大切にしてきました。日本体育大学合格を目指し、タイシンで学ぶだけでなく学んだことの復習や反復練習を繰り返すことで自分の持っている力を最大限に引き出し、またそれを発揮させることを大切にしていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 努力は絶対に無駄にならないので努力を続けてください。最初から出来る人はいません。むしろ出来なくて当たり前です。タイシンに入学して周りの凄さに圧倒され不安になるかもしれません。でも大丈夫です。日々の復習や反復練習を繰り返すことで必ず追いつくことができます。勉強のできない自分が追いつくことができたため大丈夫です。自分を信じて諦めず気を抜かず全力で努力して頑張ってください!!!


205097_杉山さくら.jpg

日本体育大学保健医療学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学保健医療学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学保健医療学部整復医療学科
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 横浜南陵高等学校
無所属
杉山さくらさん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 自分が運動することがとても好きだという事もあり、スポーツに関わる仕事がしたいと思っていました。日体大は選手の育成はもちろん選手をサポートする側の人材も育成していて、どちらの道に進んでもとてもタメになる大学だと思ったからです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 日体大を目標に決めた時、学校の先生にタイシンに通わない限り可能性はないよと言われたことが主なきっかけです。私は入学したのが少し遅く、学校先生にはなんでもっと早く入らなかったの!?と言われましたがタイシンの先生は優しい人ばかりで、丁寧に教えてくれとても心の支えになりました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 志望学科ごとに対策をしてくれたことが1番良かったです。私は日体大が不合格だった場合は柔整の専門学校に逃げようとしてました。しかしタイシンで指導していただいたおかげで無事合格することができたので、念願の大学生になれますありがとうございました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 今まで以上に言葉遣いにも気が使えるようになったし、人と話す能力も上がったと思います。おかげで面接の時もあまり緊張せず言いたいことが言えました。そしてタイシンでの勉強は学校の授業よりもとてもやる気があったため勉強の週間もつきました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 ストレスを溜めないためにも自分はちょくちょく体を動かしていました。授業が18時から21時半までだったため、自分の中では今までにない長さで勉強しました。そのためお昼などはご飯に行ったり休みの日は体を動かしたりしてストレスを溜めないように工夫してました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンで学んだことはもし不合格だったとしても絶対にあきらめないことです!短い間でもタイシンで学ぶことで少しでも合格の可能性も高くなると思います。これから受験をむかえる人は大変だと思うけど頑張ってください!!応援してます。




学科を選択してください

日本体育大学 スポーツ文化学部
スポーツ国際学科 合格体験記

204039_下井その子.jpg

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツ文化学部スポーツ国際学科
総合型選抜合格!

東京都 私立 大成高校
硬式テニス部
下井その子さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来JICA海外協力隊で活動したいと考えています。その中でも私は小学一年生からテニスを行っていました。テニスというスポーツを通して途上国に行き、途上国の支援をしたいと考えました。規律を正すこと日本人らしいスポーツというものを中心に途上国に住む地域の人々とよりよいスポーツというものを作り上げたいです。日本体育大学スポーツスポーツ文化学部国際学科では卒業後JICAで活動する先輩方が多くカリキュラムでも国際問題やスポーツ文化などJICAに直接関わる授業がたくさんあったので志望しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 姉が大学を受験した際、体育進学センターにお世話になりました。また、自粛期間で家での生活が多くなっていて日本体育大学に行きたいという強い意志があったので早めの対策をしたいと考えました。その中で体育進学センターの入学説明会に足を運びそのまま入学を決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 5月から夏期講習までの期間は総合型の基礎づくりなどいたから教えてくださいました。また、夏期講習では学科ごとに分かれて知識や面接などたくさんアドバイスをもらいながらしました。今回、コロナウイルスの影響でオンライン受験になりタイシンはzoomでの授業をしていたのでzoomで喋るということにとても慣れていたのが1番大きかったです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 5月にタイシンに入ったときは自分の意見、自分の姿、夢などうまく喋ることができませんでした。でも、たくさんの先生方の授業を受けてたくさんの視点からアドバイスをもらったり、一緒に授業をしている生徒同士での面接などをしていくうちに意見や意思を伝えるという部分が入学当初より確実に鍛えられたと思っています。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 毎日しゃべるということです。面接の授業など日数が開くと自分自身でも驚くくらい下手くそになっているということがありました。上手く行った時やうまく行かなかった時の差がとてもあったりなど落ち込むこともあったけど諦めずに毎日鏡の前で自問自答をしたりして面接練習を行っていました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私が、日本体育大学に合格できたのは本当に体育進学センターの先生方のおかげだと思っています。それと同じ大学、夢に向かって頑張っている同級生を見て自分も頑張ろうと思ったりみんなと一緒に合格したいって夢が増えます!そのために早めの対策、毎日コツコツ勉強することが本当に大切だとこの受験を通して改めてわかりました!


204061_馬場未寿希.jpg

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツ文化学部スポーツ国際学科
総合型選抜合格!

東京都 私立 聖パウロ学園高校
ESS部
馬場未寿希さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私の将来の夢は、海外の方にも対応出来るジムのスポーツインストラクターになる事です。そのためには専門的な知識、指導力、体力そしてコミュニケーション能力が必要な為、座学だけでは無く実際に指導を行う授業や施設も整っているので体育大学を受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 最初に日本体育大学志望だと先生に伝えた所、他大学と比べてシート記入が多い事から反対されたが、諦めきれず私の憧れているコーチが日本体育大学卒だったので相談をしたところタイシンを勧められました。そして体験授業に参加し自分に合っていたのでタイシンなら日本体育大学に合格出来ると思い入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 1人1人丁寧に指導してくれる所です。志望理由書の作成では時間ギリギリまで一緒に考えてくださったり、試験当日の直前まで面接練習の時間を設けてくださりました。普段の面接練習ではどこが良くてどこが改善すべきとこなのかを毎授業、様々な先生方から指導してもらえたのはとても良かったです。

Q.タイシンで1番成長したこと

 相手に自分の考えを伝える会話力です。それに実感したのが、学校の先生に面接練習をしてもらった際、緊張してしまい上手く言えなかったにも関わらず先生から拍手をもらい驚きました。自分でもタイシンに入る前と今では会話力も増えたと実感し先生には受験が終わってからも今までで1番良かったと言われる事が出来ました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 常に前進な気持ちを大切にしていました。周りの受験生と自分を比べてしまい焦りや不安から落ち込んでしまう事もありました。現状からの前進のため、そして自分を追い込むために周りの受験生の良い所を沢山探し参考にして自分なりに取り入れ本心がぶれないよう頑張りました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンに入れば確実に成長出来、自分に自信が持てるようになります。そのくらいタイシンは私の大きな存在です。先生のアドバイスや周りの受験生の存在を自分なりに最大限に生かし諦めずに最後まで頑張り続ければ最高の結果が待っています!これほど良い予備校は無いです!


204129_田中柚希.jpg

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツ文化学部スポーツ国際学科
総合型選抜合格!

新潟県 県立 見附高校
陸上競技部
田中柚希さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 保健体育教員になりたいという目標があり、そこからどんな先生になりたいか考えました。日本体育大学で沢山の人が集まる所で学び、スポーツ国際学科で海外を経験して沢山の考え方ができるようになり、色々なアドバイスができる先生になりたいと思ったからです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 担任の先生が体育進学センターに通っていたため、私が進学したいと伝えたらオススメしてくれました。同時期に父にも勧められたので塾に入るなら体育進学センターしかないと思い入学しました。最初は不安でしたがとても入学して良かったと思っています。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 口頭試問では体育に関わる専門的な知識を深める事ができました。私は知らない事が多すぎたので体育進学センターで受験の準備ができてよかったです。面接では体育大学に求められる態度を指摘してもらえました。みんな同じ目標に向かっているので切磋琢磨できる所も魅力です。

Q.タイシンで1番成長したこと

 自分の考えていることを言語化することが速くなりました。課題シートや面接、口頭試問でどれだけいい事を考えていても、自分が考えていることが上手く伝わらなければ意味ないのでスプレッドシートを使って沢山練習できてよかったです。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 折れないこと!諦めないこと!自分を信じること!私は何がなんでも日本体育大学に入りたかったし、この大学以外考えていなかったのでとても集中して勉強できました。毎日新聞を読んだり、授業の復習(面接、口頭試問)はしっかりやっていました。あとは健康管理です!

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私は新潟県に住んでるので夏の間だけ通おうと思っていました。コロナの影響でzoomの授業になったので受験間近まで授業に参加することができて本当にラッキーでした!!こういうこともあるので地方に住んでいても何とかなります!!


204176_井口英実.jpg

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学スポーツ文化学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学スポーツ文化学部スポーツ国際学科
総合型選抜合格!

埼玉県 川越市立 川越高等学校
野球部
井口英実さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 将来はJAICのスポーツ隊員として、開発途上国の発展をスポーツによって行いたいと思っています。日体大のスポーツ国際学科では、スポーツ国際実習などで国内外問わずスポーツ指導ができる力や、異文化を学ぶ力を学ぶことができます。また日体大はJAICと連携協定を結んでいるため、より実践的な力を付けることができます。このような環境で学ぶことが、将来の夢を実現させるための、最高の環境であると思ったので受験を決めました!

Q.タイシンに入学したきっかけ

 学年が1つ上の先輩で去年タイシンからAOで日体大に合格していて、日体大を受けるなら絶対に行った方がいいと言われその後、無料体験授業を受けてみて、とても分かりやすく熱心に教えてくれる授業に惹かれ入学を決めました!

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 総合考査に向けて、自分だけでは出来ない、幅広い分野の知識を学ぶことができ、変更になった面接での口頭試問にも対応することができました。面接の授業では多くの生徒同士で面接を行う事で日々成長できました。同じ学科を受験する仲間と一緒に学んでいくため、お互いを高め合い、励まし合うことができます。

Q.タイシンで1番成長したこと

 どんな場面にも動揺せずに、堂々とした態度を取れるようになりました!特に面接練習では多くの人と誰にも負けないくらい練習を重ねたため、どんな人や、どんな事を聞かれても、動じない心を成長させることができました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

復習です。面接の授業の後には、何を質問されたのか、どのように答えたのか、態度はどうだったか、をまとめて自分の中で1回1回復習することができ、授業ごとに成長できました。知識の授業も同様で、授業後にはノートをまとめて、自分の意見として言えるように復習していました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンに入ったから合格するわけではありません!最終的には自分がどれだけ頑張ったかです。ですが、タイシンに合格するための最高の環境が整っています。先生や生徒同士を頼って、1日1日少しずつ成長していく気持ちがあれば必ず受かると思います!タイシンを最大限に活用して合格を掴み取ってください!




学科・コースを選択してください

日本体育大学 児童スポーツ教育学部
児童スポーツ教育学科 合格体験記

205098_山本拓夢.jpg

日本体育大学児童スポーツ教育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学児童スポーツ教育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学児童スポーツ教育学部児童スポーツ教育学科
総合型選抜合格!

静岡県 県立 袋井高等学校
硬式野球部
山本拓夢さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 運動やスポーツが大好きで、中学生の頃からスポーツに関わる職業に就きたいと思っていたからです。また、子どもと触れ合うことが好きなので、子どもにスポーツの魅力を伝えたいと思いました。その点で体育・スポーツ系の大学に入学できれば子どものスポーツに関することを専門家の方々から詳しく学べると思ったからです。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 高校1年次から日本体育大学を志望していました。そこで担任の先生が体育の先生だったこともありタイシンを紹介してくれたのがきっかけです。試験の形に合わせて専門的に対策をしてくれると聞き、差をつけるならここしかない!と思い入学しました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 先生方のサポートがとても手厚かったことです。今年はオンラインの授業になってしまい直接対面することはできませんでしたが、文章添削を丁寧に行ってくれたり、楽しく授業ができる雰囲気作りをしてくれるなど、先生方のおかげで明るく楽しく学ぶことができました。また、学ぶ内容もすごく充実しており、受験に役立つ͡͡事ばかりでした。

Q.タイシンで1番成長したこと

 文章力と精神力です。最初に志望動機を書いたときは字数が全く足りませんでした。しかし先生の的確なアドバイスにより、自分で調べ、自分で文章をより深めることができました。最初とは全く別人のような文章が書けるようになりました。面接練習では、オンラインでも本番さながらの緊張感で練習を重ねることにより落ち着いて話せるようになりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 同じ仲間と一緒に合格している姿をいつも想像していました。対策をしていく上で、練習ではうまく言えず不安になったり、落ち込んだりと苦しい思いや辛い思いもたくさんしました。でも、自分だけでなく仲間も同じように耐えて頑張っているんだと思うことがモチベーションにつながりました。仲間がいることは本当に心の支えになると改めて感じました。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンは体育系大学を受験するならぴったりな場所です。自分が合格できたのはタイシンのおかげだと思います。どんなに苦しくても常に前を向いて、必ず受かるという強い気持ちを持って頑張って下さい!必ず良い結果が出ると思います。そして、仲間を大切にすることを忘れないでください!




日本体育大学 児童スポーツ教育学部
児童スポーツ教育コース 合格体験記

205021_上野真梨子.jpg

日本体育大学児童スポーツ教育学部
入試対策 現役生コース

日本体育大学児童スポーツ教育学部
入試対策 既卒生コース

日本体育大学児童スポーツ教育学部児童スポーツ教育コース
総合型選抜合格!

神奈川県 県立 住吉高校
バスケットボール部
上野真梨子さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私の将来の夢は、運動を通じて子どもたちの心と体をつなげる小学校教諭になることです。そこで、体を動かすことの楽しさや、運動を通して心と体の変化に気づくことができる指導法を身に着けたいと考えたため、体育・スポーツ系大学を受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 私が進学したいと考えていた日本体育大学の去年の合格者数が多かったからです。タイシンに通うことで、自分自身の目標を実現することができるのではないかと考え、入学しました。実際、タイシンに入学したおかげで合格することができたと考えています。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 勉強するときのポイントを的確に教えてくださったことです。タイシンに通う前は、総合型選抜の試験に向けて、何を勉強すればよいのかわかりませんでしたが、タイシンの授業を受けることでやらなければいけないことを明確にすることができました。

Q.タイシンで1番成長したこと

 同じ志を持った仲間と切磋琢磨に勉強をすることで、自分にはない考えを聞くことができたり、自分自身の意見を相手に伝えることができるようになりました。面接練習では、100以上の質問を考える中で自分自身を見つめなおすことができ、自分自身の成長につながりました。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 絶対にあきらめないということです。私は、試験直前まで部活動をしており、両立することが難しく、悩んでいた時期もありましたが日本体育大学に合格したいという思いは強くあったのであきらめずにやり遂げました。全力で挑めば後悔はしないと思います!!

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 最後まで、目標に向かってやり抜いてほしいです。全力で受験に挑んだ分、合格した時の喜びは大きいものだと思うので、将来なりたい自分を常に頭の中に浮かべて頑張ってください!!!やった分結果が出ると思うので、ぜひ目標に向かって前に進んでください!