筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

2021 天理大学 学校推薦型選抜 合格体験記

775b4688b9d5651fc4598c4643e81330_l.jpg

天理大学 体育学部
体育学科 合格体験記

207094_大泉壮琉.jpg

天理大学体育学部
入試対策 現役生コース

天理大学体育学部
入試対策 既卒生コース

天理大学体育学部体育学科
学校推薦型選抜合格!

京都府 府立 加悦谷高等学校
硬式野球部
大泉壮琉さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 大学でも体を動かすことを続けたかったから高校で硬式野球部に所属し、投手をしていました。その中でどうしたら速い球が投げれるかということについて自分なりに調べて実践していたので、そのことについて大学で学びを深めていきたいと思ったから

Q.タイシンに入学したきっかけ

 大学受験の科目にマット運動があったり、体育系の小論文の書き方を勉強できると学校の先生に教えてもらい受験まで時間もなかったので受験に受かるためにはいかないといけないと思ったので入学しました。また、大阪にも、教室があり通えない距離でもないし、オンラインでも授業を受けることができたので入学しました

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 まず、マット運動では、初めは倒立前転が全くできなかったけど、ポイントを教えてくれたり、アドバイスしてもらえたので最後にはなんとかできるまでにはなりました。小論文や面接練習をすることができ、その大学の小論文、面接の特徴を教えてもらえ、本番では落ち着いてできました

Q.タイシンで1番成長したこと

 1番成長したことは、マット運動です。入学した時、みんなのうまさにびっくりしました。そこからポイントやアドバイスをもらい倒立前転や側方倒立回転、後転倒立をなんとか高得点がもらえる範囲まで行けることができました

Q.受験生活で大切にしていたこと

 大切にしていたことは、毎日の積み重ねです。毎日保健の教科書を読んだり、マット運動、面接練習を行って慣れていくことが大切だと思います。勉強する空間を変えることも大切だと思います。図書館に行って勉強したり家で勉強したり空間を変えることで気持ちをリセットできて集中力が高まると思います

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 タイシンでは、本番を予想して練習してもらえるので、タイシンで教えてもらったことはしっかり復習して体に染み付かせておいた方がいいと思います。タイシンに通うことで他の受験生より自信を持つことができるので、本番は自信を持って頑張ってください