筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

2021 筑波大学 体育専門学群 推薦入試 合格体験記

775b4688b9d5651fc4598c4643e81330_l.jpg


筑波大学 体育専門学群

204015_柾木拓.jpg

筑波大学
入試対策 現役生コース

筑波大学
入試対策 既卒生コース

筑波大学体育専門学群
学校推薦型選抜合格!

神奈川県 私立 法政第二高等学校
陸上競技
柾木拓さん
Q.体育・スポーツ系大学を受験した理由

 私は将来、オリンピックに出場するような競技者になることと研究者になるという夢があります。その夢を叶えるために、スポーツ科学を多角的に研究し、多くの知識や実践力を身につけることで学問研究の成果を自らの競技に活かすことのできる大学で学びたいと考え、筑波大学を受験しました。

Q.タイシンに入学したきっかけ

 筑波大を意識し始めた頃に、母から体育専門の予備校があるという話を聞いて知りました。実際にAC入試に挑戦しようと決心した際に、有田先生にお話を聞かせていただき「めっちゃ勉強になるよ」という言葉を受け、入試のためだけではなく自らの成長にも大きくつながると考え、タイシンにお世話になることに決めました。

Q.体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

 AC入試を有田先生、推薦入試を浦野先生に対策していただきました。AC入試では、先生と話し合いを重ね自分の競技について整理し、添削やアドバイスをしていただきながら、自分の納得いく自己推薦書を作りあげられました。推薦入試では小論文を何問も解き、添削していただいたことが試験当日の自信に繋がったと感じています。

Q.タイシンで1番成長したこと

 AC入試の自己推薦書作成の中で多くの文献にあたるなどして、科学的に自らの競技を深く見つめ直すことができました。そのことで競技力向上のための課題が明確になり、それを実践することで高校最後の全国大会でメダルを取ることができました。タイシンでの学びが競技力を飛躍的に向上させてくれたと確信しています。

Q.受験生活で大切にしていたこと

 AC入試では日々の気づきが競技力向上のための鍵となることが多いので、感じたことはその場でメモを取り、家に帰ってから徹底的に調べるようにしていました。そういった日々のコツコツとした積み重ねを大切にすることが競技力の向上、そして合格につながっていくと思います。

Q.来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

 私はAC入試では不合格でしたが、その取り組みの中で得た経験が競技力向上に直結し、推薦入試の合格につながりました。失敗しても、本気で努力した経験は自身を成長させ、財産となります。タイシンの先生方に助けてもらいながら、目標達成に向けて精一杯努力して欲しいです。