タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生の為の専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

体育系大学AO(AC)入試の実態

体育系大学AO入試概況

AO入試は、本来「問題解決型の学習能力を身につけている生徒を、高等学校の学校長の推薦を必要とせずに、各大学独自の方法によって選考する」自己推薦型の入試方法と言われています。


AO入試の定員は、推薦入試定員にではなく一般入試定員に組み込まれるので、実際には早期の学生数の確実な確保の手段として利用している大学が目立つようです。


※「AO入試の実態」は、会員専用ページ(無料)に公開しています。

高等学校の先生へ

体育大学AO入試に対する受験生の意識

AO入試には、情報不足による不安があっても、受験資格の点で出願しやすいので、受験機会を増やしたいと考えている生徒が出願を考えるようです。
その場合の出願動機は、


推薦入試と比べて、
(1)競技実績が問われない場合が多い。
(2)調査書の評定平均値が問われない。
(3)学校長の推薦が必要ない。

などの理由が挙げられます。


AO入試(推薦入試も同様)を甘く考えている受験生に限って、合格できなかった場合は、専門学校や一般私大に進路変更をし、不本意な進学をしてしまうケースが多いようです。 AO入試や推薦入試は、「うまく合格できたらもうけもの」くらいの意識で、臨んでほしいと思います。


※「AO入試の実態」は、会員専用ページ(無料)に公開しています。