筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

高校3年生対象 共通テスト対策(学習管理)コース

更新日: 2024年4月 2日 18:47
tsukubadata2024-714-220.jpg


https://www.e-taishin.com/feature/img/tukuba.genneki.course_img.jpg

~部活動・受験勉強の両立~
筑波大学体育専門学群合格のための
トータルサポートコース

共通テスト対策(学習管理)コースについて

体育専門学群を目指す受験生のほとんどは、競技を引退するまで、非常に熱心に運動部活動に取り組んでいます。したがって、早期から塾通いする一般的な受験生とは、学習への取り組み方や時間の使い方が異なります。ここを間違えると成績が思うように伸びず、結果、共通テストに間に合わなくなります。

そこで、体育進学センターでは、「保体論述対策」や「実技②のオンラインコーチング」に加え、各自にあった「目標設定・スケジューリング(C)」「学習の習慣化とモチベーションの維持のためのオンライン自習室(A)」「教材の提供とポイントを押さえたオンライン授業(B)」を用意しました。それが「共通テスト対策コース」です。

A・B・Cは、トータルサポートとしてまとめて申し込むこともできますし、ニーズに応じて1つだけ申し込むこともできます。もちろん、後で追加することもできます。

プランA

オンライン自習室利用
(平日18:00−22:00)

・オンライン自習室を利用し学習の習慣化を後押しする
・同じ体育専門学群を目指す仲間と学習時間を共有する

プランB

教材提供・スクーリング
・「atama+(アタマプラス)」を利用し、段階的学習を進める
・タイシン本科コース講師のオンライン講座を受ける

プランC

目標設定・スケジューリング・振り返り
・目標設定とスケジューリングの方法を身につける
・日々学習記録をつけ、振り返りを行い、更なる向上へ繋げる
・体育専門学群の学生に、日々アドバイスをもらう


強い受験生は、合格するために何をどうすれば良いのか、受験生自らが「目標設定」し、そこから逆算して「スケジューリング」し、日々そして週ごとに振り返りながら学ぶことで成長します。その結果、共通テストの得点力が高まり、合格をつかみ取ります。


そんな強い受験生になってもらうために

欠かせないのが


よき指導者よき先輩よき仲間です。

 


23筑波学習管理コーススライダー(図解-ver).png

従来型受験指導   共通テスト対策コース

詰込み型

勉強
方法
セルフ
マネジメント型

教え込み
ティーチング

指導
方法
主体性を引き出す
コーチング

合格する人

価値
基準
自他共に成長
させられる人


今現在、部活動を継続しながら、限られた時間の中で、受験勉強との両立をしたい筑波大受験生のあなた。

タイシンで一緒に急成長しませんか。



<共通テスト対策(学習管理)コース> ※随時入学受付中!

※入学定員につきましてはお電話や説明会等でご確認ください。
 

2週間の体験が無料で可能です!
お気軽に体験してください。





コース紹介


筑波大体育専門学群合格に向けた最短ルート


体育専門学群は、共通テストだけでなく、二次試験で実技①・実技②・保体論述がある、非常に特殊な入試です。
このコースでは、筑波体専受験を経験した筑波学生が一緒に合格まで併走します。

こんな人にピッタリな講座です!

どう対策していいか迷っている人へ

いつまでに、どの科目で、何点を取るために、何をするかを、具体的に考える力がつきます。
共通テストだけでなく、実技の現状も把握し、目標から逆算して計画を立てる力がつきます。
筑波大学体育専門学群の受験生は、運動部活動に所属している人が多いからこそ、限られた時間で学習効率を日々高め、成長していくことが必要です。
 

24884128_s.jpg

周囲に体育系大学を受験者がいなくて孤独な人へ

保健体育の授業、オンライン自習室、スケジューリング、振り返りの時間を仲間と共有します
毎週の振り返りの時間を共有することで、共に競い、共に成長していく姿勢を培います
 

受験に対するモチベーションが保ちにくいと思っている人

スタディプラス(学習時間記録アプリ)に学習時間を記録、見える化してモチベーションを保ちます

スタプラ.jpg

 
筑波大学の学群生が、あなたの振り返りに、日々コメントし、毎週、相談に乗ってくれます
 
コメント.jpg

共通テスト対策コース 5つの特長


① 全プラン共通して利用できるもの

プランAプランBプランC

・Studyplus for School
学習記録をつける/タイシンの先生にいろいろ相談する

・学びエイドマスター
動画視聴による基礎学習ができる

・manabo
分からないところがいつでも質問できる


Studyplus_FS_Color_Logo_Vertical_Transparent.png 学びエイド.jpg http://www.e-taishin.com/feature/common/img/manabo-logo.png
② オンライン自習室
(月~金 18:00-22:00)

プランA

オンライン自習室では、カメラオンで手元を映し、マイクオフで自習に集中する。筑波受験生が、同じオンラインルームで学んでいるという緊張感がたまらない。チャットで監督講師に質問も可。


③ 教材提供/スクーリング

プランB
 

atama+

http://www.e-taishin.com/feature/common/img/atamaplus-logo.jpg
サービスとして、AI学習教材「atama+(アタマプラス)」を使用しています。
各メディアで話題の、AI (人工知能)を活用したラーニングシステムです。
一人ひとり100%カスタマイズした学びを実現します。

  • 個別指導以上の、“超”オーダーメイド学習
    AIが一人ひとりすべて違う理解度・学習履歴・ミスの傾向・その日の集中度などに合わせ、世界にひとつだけの、その生徒専用のカリキュラムを自動作成します。


スクーリング

問題を解きながら、共通テストの特徴をつかみ、それぞれが何をしなければならないのか、何ができるようになればよいのかを明確にする授業です。
予習は不要。90分の時間の中で、解いて解説を聞きます。

  • スクーリング実施科目
    英語R・L/現代文/古典(古文・漢文)/数学IA各2回、全8回の授業
  • スケジュール
    6/16・23・7/14・21(日)
    ①13:00~14:30 ②14:50~17:20
※担当講師、教科は調整中。

6月 各講座内容
1回目 共通テストで問われる学力とは
過去の問題をもとに、どんな力が問われたのか解説
2回目 75%以上得点するための効果的な学習法とは
2025年の問題は、2024年とどう変わる可能性があるか解説


④ 週1回の目標設定とスケジューリング
&受験生同士の振り返り

プランC

日曜日の夜、講師の指導で、スケジューリングの立て方や振り返りの方法を学びながら、同じ筑波大学を目指す仲間同士で「振り返り」を行い、自分の目標設定やスケジューリングに活かす。

⑤ 日々の振り返りと
毎週の個別相談「カウンセリング」

プランC

1日を振り返り、自分の状態に対して、GOOD/MORE/NEXTのコメントを書き込むと、筑波大生が、こまめに、コメントをしてくれる。常に相談に乗るイメージ。
カウンセリングでは、担当になった筑波大生と、週に1回、時間を調整して面談する。学習について、実技について、部活動について、併願校についてなど、経験者である大学生に、なんでも相談できる。



CLOSE-UP

生徒管理・学習管理.png毎日のサポートがあるから作られる学習習慣

成績向上のために一番必要なことは「自習力」
つまり、勉強時間を増やし、かつその質を向上させ続ける力。
間違えた問題も、自ら勉強内容から改善しできるようになる。
自習力向上こそ、成績向上への近道であり、合格へつながる。
 

【毎週の面談・目標設定・振り返り】
×
【毎日のオンライン学習サポート】



それが、タイシンの共通テスト対策コースです。
 

もっと詳しく読む≫≫


共通テスト対策コース 受講料金

受講料金一覧

プランAオンライン自習室

プランB教材提供・スクーリング

プランC目標設定・スケジューリング・振り返り

※A+B+Cまとめて申し込むこともできますし、A+B、Cのみなどニーズに応じて選択して申し込むこともできます。もちろん、後で追加することもできます。

体験期間/
受講開始日
料金
3/31~4/14
4/15
【A+B+C】272,000円
【A】80,000円
【B】160,000円
【C】112,000円
4/7~4/21
4/22
【A+B+C】255,000円
【A】75,000円
【B】150,000円
【C】105,000円
4/14~4/28
4/29
【A+B+C】238,000円
【A】70,000円
【B】140,000円
【C】98,000円

※8/4(日)までの料金になります。
※8月以降、継続受講も可能です。

前期オプション

学びエイドマスター(映像授業) 無料

 

 

 

ご入学後の流れ


①日曜日の夜はZoom入室

プランC

20:00~21:00 リフレクション(振り返り)
21:00~22:00 スケジューリング(学習計画作成)

毎週日曜日は受講生がZoomに集まり、1週間の振り返りを行います。自分の振り返りはもちろん、同じ目標を持った仲間の振り返りに触れることは、日々の成長を促してくれます。スケジューリングでは、次週の学習計画について効果的な作成のポイントを意識しながら、計画を立てていきます。

 

②オンライン自習室への入室

プランA

週の初めに、スタディプラスに、zoomのURLが送られてきますので、それをクリックして、入室してください。入室したら、担当の講師と挨拶を交わし、その日に自分がやろうとしている学習内容を簡単に報告します。途中入室の場合は、チャットで知らせてください。


 

③学習タイム

勉強している手元が映っていれば、顔は映さなくてOK!学習中のマイクはミュートにします。質問があれば、「反応」を使って、手を挙げてください。ブレイクアウトルームで講師と1対1で質問を受けます。


http://www.e-taishin.com/feature/img/tukuba.genneki.okimoto.jpg
 

④オンライン自習室からの退出

プランA

トイレ、食事、休憩のための入退出は自由です。ただし、その都度、「入室しました」「退出します」とチャットで知らせてください。終了10分前(21時50分)には、「本日の振り返りをしましょう」と声をかけ、22時には、挨拶をして自習室を閉めます。

 

⑤1日の終わりに振り返り

プランC

スタディプラスのメッセージに、その日の振り返りを「good/more/next」の3項目について入力をします。その振り返りに対して、筑波体専の学生からコメントが届きます。体育系という特殊な受験を経験した先輩から届くメッセージは、不安になる受験生にとって心強い!


共通テスト対策コースに関するQ&A

どのようなコースなのですか?
志望大学に合格するために偏差値をのばすには日々の「自主学習」が大切ですが、一人で自主学習することは難しいことです。タイシンでは一人ひとりに合わせた受験戦略と個別カリキュラムを作り、その計画に沿って自主学習を徹底的に管理してきます。ただ個別に教えるだけではなく、伸び悩む受験生に多い、「テキストを解いた」だけ、「授業を受けた」だけを防ぎ、結果を出し志望校のレベルまで引き上げていきます。
オンラインということですが、必要なものは何ですか?
受講に必要な環境
動画視聴やzoomミーティングがストレスなく常時接続可能な通信環境をご用意ください。使用端末は、できる限りWEBカメラ付きのP C、またはipadなどのタブレットをおすすめします。スマートフォンでも問題ありませんが、スケジューリングや振り返り、スクーリングの際には、画面が小さいと見づらいことがございます。また、双方向の指導もございますので、発声が可能な環境でご参加ください。
他塾・他予備校との違いは?
一方的な学習指導とは、全く次元が異なる「筑波大学合格に向けたトータルサポート」となっているところです。しかも、こんな仲間、先輩、講師が、君に力を与えてくれます。
【仲間】筑波大学体育専門学群の合格を目標としてタイシンに集まった受験生
【先輩】筑波大学体育専門学群に合格し、在籍しているタイシンO B O G
【講師】筑波大学体育専門学群お入試を知り尽くしたプロの講師
大学生は、全員、コーチングの研修を受けており、受験生の主体性を尊重しながら、課題発見・問題解決型の学習メソッドを理解してアドバイスできるようになっています。受験生は、筑波大学の学生に刺激をもらい、筑波大学を身近に感じながらモチベーションを保って学習できます。
実は、受験勉強もスポーツと同じ。あの嘉納治五郎先生が掲げた「自他共栄」の精神が重要です。合格不合格をわける受験においては、同じ大学を受ける人は、ライバルです。しかし、そのライバルは、単に、競い合い、蹴落とす相手ではなく、自分を高めてくれる友でもあります。相互の努力を尊敬し合える関係を作りながら、人間的にも成長していけるコースが、共通テスト対策コースの最大の特徴です。

私たちは共通テスト対策コースを推薦します!
2023年度の合格者より
安食さん・新納さん・長岡さん

224093

体育進学センター 代々木校

安食優斗さん
北海道 私立札幌大谷高校
サッカー部

体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

1番感じるのは事前に実技とかの内容をある程度把握できることです。ホテルでたまたま仲良くなった人は何をやるかその場で知らされたと言っていたので、それは大きいと思います。そして、タイシンだからこそなんですけど、蹴落とし合うんじゃなく、仲間と一緒に高められるっていうのはよかったです。

タイシンで1番成長したこと

学習管理を通して、スケジュールや目標の立て方、より効率的に勉強などを進められる方法を学べました。そして、自分は共通テスト前にメンタルがやられたんですが、持ち直し方とか自分自身を振り返ることができるようになったんじゃないかなって思います。


224031

体育進学センター 代々木校

新納達彦さん
東京都 私立実践学園高校
バスケットボール部

タイシンに入学したきっかけ

高校2年生時に、学校で休校が続き勉強のモチベーションが低下していた所で、Instagramでタイシンの広告が目に入り、保体論述の体験に行きました。そこで、仲間と高め合いながら行う、授業形式をみて、楽しそう!と思い、入学しました。

体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

1.同じ大学を目指す仲間と共に高め合う事ができる
2.週に1回、体調面や精神面などについて相談をする面談があり、勉強の障害となる気持ちを解消して勉強に集中することができる
3.振り返りの大切さを学び、受験生活だけでなく人生においてとても大切な事を学ぶ事が出来る


227034

体育進学センター 大阪校

長岡優さん
山口県 県立山口高等学校
サッカー部

体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

保体論述という、ほかでは習うことが不可能な事を入試直前の1ヶ月より前から学べたことです。毎週の授業が勉強に差し支えない程度で良かったです。共通テスト後に保体論述に本腰を入れて勉強し始めた時、一度タイシンの授業で習っていたため、頭の中にスッと内容が入ってくる感覚があり、タイシンに入学していて良かったと思いました。

来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

僕は、タイシンに入ったことは筑波大学受験合格において大きかったと思います。その1番の理由は、仲間がいるという感覚で受験に望めたからです。学校に体育系の学部を選ぶ仲間は少ないかもしれません。でも、タイシンには同じ目標を持った仲間がいます。この価値は計り知れません。強い気持ちを持って受験頑張ってください!

入学までの流れ

STEP1
WEBで2週間の無料体験を申込
 
STEP2
・スタディプラスの連携
・体験前にカウンセリング(Zoomを使用)
・日曜のよるはZoom入室
19:30-20:00 学習管理説明及び学習アドバイス
20:00-21:00 リフレクション(振り返り)
21:00-22:00 スケジューリング(学習計画作成)
STEP3
2週間の無料体験に参加
STEP4
入学願書・受講申請書を提出し入学(受講開始)
 
受講開始

オンライン自習室

日々のオンライン学習サポート

毎週の面談・スケジューリング・振り返り


 

学校や一般予備校では絶対にできない
オリジナルなコースと内容です。

 

少しでも気になるところがあれば、
ぜひ無料の受講相談や体験授業お申込みください。

 

過去の実績や受験生の傾向などを含め、
ひとりひとりの個性にあわせ丁寧にお伝えいたします。



23筑波学習管理コーススライダー(図解-ver).png


 

筑波受験生及び保護者の方は、ご相談の際よくこちらの方法を利用されます

http://www.e-taishin.com/event/common/img/taisaku.event.2nd.jpg

筑波大学 入試対策説明会

LINEで無料相談


 


著者:体育進学センター