タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

筑波大学オープンキャンパスツアー

カテゴリ:タイシン大阪校
こんにちは、大阪校浦野です。
 
いきなり個人的な事で恐縮ですが、先月末、久しぶりに自宅(茨城県龍ヶ崎市)に戻り、つかの間の家族団らんの時を過ごしました。
というのも、8月31日に筑波大学体育専門学群の説明会があったので、それに合わせての帰省でした。
 
そこで、その説明会の様子を簡単にご報告します。
 
タイシン生は、代々木、横浜、大阪の3校舎から、約50名が参加しました。
 
筑波大学は、とにかく広い。
大学の中を、普通にバスが走っています。
バス停を間違えると、違う学群に迷い込んでしまい、もとの場所に戻って来るのにグルっと一周30分近くかかります。
 
お昼ご飯を食べようにも、説明会当日の食堂は激こみで、どこにコンビニがあるのかも、わからない。
そこで、タイシン!

実は、毎年、タイシン生には、お弁当を用意しています。
それも、筑波の学生なら、みんな知っている「かつ大」の弁当。
 
説明会の昼休みに合わせて、OB・OGが弁当運びを手伝ってくれます。
そして、一緒に弁当を食べながら、いろいろお話ができる。
これは、タイシン生の特権ですね。
 
まずは、OB・OGの自己紹介から。

先輩でもある代々木校の吉川結先生が挨拶し、順番に、出身、学年、部活動、実技試験をどの種目で受けたかなど…
ちょっと照れくさそうに、先輩たちが話します。
タイシン生は、弁当片手に、食い入るように聞いていました。
自己紹介が終わったら、弁当タイム!
いつの間にか、初対面の横浜校女子と大阪校女子が仲良くなっている(笑)

食べながら、そして食べ終わって、タイシン生からの質問タイム!
答えてくれたのは、こんな面々です。ちょっとだけ紹介しますね。

大学の講義内容や寮生活のことだけでなく、アルバイトや恋愛事情、部活動の裏話など…いわゆる「ナマの声」を聞かせてくれます。
 
さて、あっという間の昼休みでした。
午後は、思い思いの見学コースを選んで、広いキャンパスを見て回っていました。
 
タイシン生と別れた私たちは、筑波オークラフロンティアホテルで、論述・実技対策会を実施しました。
3回に分けて、吉川先生が論述の出題傾向と学習法、解答法のポイント、実技試験概要と実技種目の選び方などを話しました。



自分の受験経験をベースに、熱心に語る結先生。
わかりやすいと大好評した。
 
北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
最後の個人相談会で多かった質問は、「センター試験どれくらいなら可能性ありますか?」「実技②を何にしたらいいですか?」
 
代々木校の鈴木健司先生、舩田先生を中心に、一人一人の状況を聞きながら、アドバイスを行いました。
参加できなかった人は、同じ機会をタイシン校舎でも実施しますので、是非ご参加を。
 
以上、筑波大学説明会の報告でした。
AO入試も始まって、いよいよ受験本番の秋です。
みなさん、頑張りましょう! 
 

コメントする