筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

本科SクラスT.W.さんから

カテゴリ:タイシン代々木校
 高校卒業の時、浪人と言う決断をしました。他の大学も受かってたけど、やっぱり体育大学が良くて、タイシンに入って浪人する事を決めました。

 最初は浪人することにもちろん抵抗はあったし、1年間勉強を続ける自信はありませんでした。けど、背中を押してくれた高校の時の友達、先生、そして親の事を思ったら、中途半端にやってはいけないと思っていました。英語は文法なんてほぼ0からのスタートで、けど祥平先生に言われた通りにして、ついてったら最終的には英語が1番の得意科目になっていました。

 1年間の途中では、結果が出なくて思うようにいかなかったことも何回もあって、何度も勉強が嫌になりました。けど、タイシンに行くとみんな勉強してて、頑張ってて、そしたら自然とと「負けたくない。」って「自分も勉強しなくちゃ」って思うようになりました。そして、常にクラスのトップを狙っていました。どんな小テストでも、校内模試でも誰にも負けたくなくて、努力の量も誰にも負けたくなくて、無我夢中で勉強していました。

 気付いたら、受験前には自信しかなかったです。自分の実力に対しての自信というよりも、1年間やってきた自分に自信がありました。本番も、会場にはたくさんのタイシンの仲間がいて、緊張することもなく自信もって臨めました。最終的には、どこに落ちることなく、全ての大学に受かり受験生活を終えることができました。

 1年前、浪人の決断をして心の底から良かったって思ってます。

 合格したからとかじゃなくて、この1年は浪人生でしか経験できない年だったし、言い方悪いけど簡単に大学に入った人よりも充実した生活を送れたと思います。

 タイシンで熱心に指導してくれた先生方、苦しい時は励まし合い、支え合い、競い合ったタイシンの仲間、そして家族には本当に本当に感謝しています。みんながいたからこうやって無事に1年を乗り切れました。

 まだ、ここからが本当のスタート。自分の将来の夢に向かってこの1年を自信にし、これからも頑張っていきたいと思います。タイシンに入って良かった-。

素直に、貪欲に、ねばり強く。

コメントする