筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

【代々木校】 有田先生より

カテゴリ:タイシン代々木校
代々木校体育科の有田祥太です。
 
先日11月3日(火)文化の日
渋谷区民陸上競技大会に本科生の生徒が出場いたしました!
私が指導している生徒が出場することもあり、私も休日を利用し、久しぶりの陸上観戦のため競技場へ脚を運びました。
 
生徒にとっては実際の受験さながらのとても良い試合になったのではないでしょうか?
 
試合が一番の練習」とも言います。
久しぶりの実践で、練習と試合の違いを実感し、思ったように記録が出なかったものや、練習とは違う緊張感や気持ちの高ぶりをうまく調整し、自己ベストを更新した生徒もいました!
 
自己ベスト更新者の富田翔!


 


陸上専門の生徒には体育進学センター入学早々から私自身が面談を行っています。
 
将来どうなりたいか?この一年をどう過ごし、どうしていくか?自分が合格する為にはどれくらいの記録を出さなければならず、そのためにどうしたらいいのか?など、私自身が生徒を理解する為でもありますし、生徒自身に目標設定を行ってもらい、生徒自身が自分のことを理解する為でもありました。
 
最近、非常に皆の動きが良くなってきていますし、彼らの頭の中、思考もたくましく育ち、陸上を非常に楽しんでいる姿が見られます。私自身も驚いております。
 
彼らは運動ばかりやっているわけではありません。もちろん受験生ですので勉強中心です。
運動は週に2日、1日3時間程度です。
その中で、自ら考えることができるようになり、目的を持ち、集中してその数時間を取り組み、そして自己ベストを更新する。
文武両道とはまさにこのことではないでしょうか。素晴らしいです。
 
これも本科を指導されている先生方が日々生徒のことを思い行動し、生徒を人として成長させるという信念が行き届いているからこそだと私は感じております。
 
 
 
さて、本科生ばかりではもちろんありません。
私が指導させていただいている現役生の皆も目の色が変わってきております。
受験生としての自覚でしょうか。
 
不安もありながら、今できることに対し一生懸命取り組む。
話を「聞く」が「聴く」に変わり、言われた事だけでなく自ら考え行動する。
休憩の間も自分の身体を動かし、少しでも変わろうとする。
 
そんな姿に感銘を受けながら私の指導者としての責任を感じている毎日であります。
 
そして来たる11月26日(木)18:00
「試合が一番の練習」と前述しましたが、夢の島陸上競技場にて実技測定会を行います。
 
現役生にとってはこの測定会、いわゆる模試が「試合」となります。
この試合を経験することは非常に重要な意味を持ちます。
 
こちらは体育進学センターに入学していない生徒も参加できる特別な模試です。
普段の練習と試合は違います。
試合は自分の力を知る為でもありますし、殻を破るチャンスです。
現役生はもちろんのこと、多くの方の参加を期待しています。
 
詳細はこちらから⇒⇒⇒


 


参照元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E5%A4%A2%E3%81%AE%E5%B3%B6%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4
 
 
入試も近づき11月は多くのイベントがあります。
 
☆11月13日 入試対策説明会 池袋会場 詳細はこちらから⇒⇒⇒

 
☆11月22日 大学参加入試説明会 体育進学センター代々木校 詳細はこちらから⇒⇒⇒

 
☆11月23日 日本体育大学一般入試対策講習会 池袋会場 詳細はこちらから⇒⇒⇒

 
進路に不安を抱えている人。
どのように受験に向かって動いていいかわからない人。
理由は何でも構いません。
今度でいいやと後回しにしていたらいつまでたっても始まりません。
ひとつでも多くのイベントに参加し、多くの情報を入手してください。
 
今この瞬間に動き出し、受験まで頑張りましょう!!

コメントする