筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

私大の発表も終盤戦

カテゴリ:タイシン代々木校
順天堂大学の発表が19日(金)にありました。日体大、国士舘大、東海大の発表も終えました。日大、早稲田の発表待ちの状態です。

今年度の本科生のNAクラスの合格報告会はありました。

一年間の努力の結果勝ち取った「合格」の2文字、簡単な一年では無かったと思います。一人ずつホワイトボードにあるように進学大学、今後の抱負、ともに闘った仲間へのメッセージ・・・胸がジーンと目頭が熱く・・・


やはり、喜びは隠せません。笑顔が良いですよね。




生徒たちが話し終えてから各担任の先生方から「おめでとう」の言葉と「合格で終わりじゃなくて、これからが勝負なんだよ。」など多くの言葉を頂きました。


みんなで集合写真




「最後まで諦めない」=「合格を手に入れる」

合格の声、ホントに一年間頑張ったね、ご苦労さん!って言いたいですね。



見にくいのでタイプしました

 私は体育進学センターに入学して、初めのうちは正直行きたくありませんでした。

 高校の友人が大学に通ってるなか、自分一人もう一年勉強するからです。はじめのうちは勉強に身が入らず、勉強をやってるふりをしていました。しかし、毎回テストの結果で座席やクラスが変動するので、嫌でも勉強するようになりました。しばらくして座席が後ろの方になってきて学力がのびたことに気付きいつの間にか勉強することが楽しくなってきました。

 体育進学センターでも友人ができ、場の空気も良くなってきました。実技には自信があったので誰にも負けたくありませんでした。しかし学力というものは思っている以上にうまくいかないことが多く、何度もなげだしたくなりました。しかし、その度先生や親や友人に相談して何とか最後まで勉強を続けることができました。

 入試前日は緊張もありましたが、今までやってきた積み重ねがあったので、少しは楽しみな気もありました。

 しかし、当日はやはり緊張してしまい今までの成果を発揮することはできませんでした。しかし、そこで後悔せず、切り替えて次のテストにのぞんだら手ごたえがあって、結果的に合格できました。

 勉強や実技を教えて下さった先生方、そして浪人をさせてくれた両親や家族に感謝をしています。

 自分は浪人をして本当に良かったです。



※アンダーラインの2か所だけ修正しました。





 まだ、国士舘大学の中期を受けたり、日体、国士舘の後期試験に向けて頑張ってる人もいます。最後まで行きたい大学にこだわって受験に立ち向かって下さい。

25日には国立大学の2次試験もあり、今日も筑波大学の受験生たちは論述試験対策の指導を受けていました。

体育進学センター国立大学の2次試験前日に大学近くの会場で前日講習会も開催します。会場には各大学のタイシンOB・OGも応援に駆け付け入試アドバイスや質問にお答えします。ぜひ活用して下さい。

国立2次試験前日無料講習会はこちらから⇒


また、今年の悔しさを来年リベンジへ向けて浪人を決意した者も居ます。全国でタイシンの本科生の説明会も開催しています。気軽に話を聞きに来て下さい!

入学説明会はこちらから⇒

コメントする