タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

大阪体育大学オープンキャンパス

カテゴリ:タイシン大阪校
こんにちは。体育進学センター大阪校の浦野です。


9月25日(日)に大阪体育大学のオープンキャンパスプログラムとして「入試対策講座」を担当しました。

体育進学センターが大阪体育大学からご依頼を頂き、オープンキャンパスに参加する生徒たちに、「国語」「英語」「数学」「実技(体力プロフィールテスト)」の出題傾向と対策方法とを、それぞれ40分にまとめて授業を行いました。
当日は、およそ200名の生徒さんにお集まりいただきました。ありがとうございました。

大学側の入試説明の後、私が進行役になり、受験作戦のポイントをお話ししました。


 
そして、いよいよ対策講座へ。

国語は、宮下善紀先生。



宮下先生は、ここ数年で大きく変わった国語の問題の特徴を捉えて、大体大の問題をどう攻略したらよいかを具体的に、しかもコテコテの関西弁で楽しく、熱っぽく語りました。話を聞き終わった生徒からは、『ゴロで覚える日本文学史』『最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技』(宮下先生著)を買いたいという声も。会場は、大盛り上がりでした。

英語は、貝沼隆先生。



貝沼先生は、体育大学受験生の英語学習が進んでいないことを前提に、英語の文章自体をどう読んでいくか、英語がどういう構造になっているかを、単語力不足の人にもわかりやすく説明。これから本格的に受験勉強するぞという生徒に、勇気とやる気を与える授業を展開しました。
 
数学は、松永祥先生。



松永先生は、今年から出題範囲が変わるということを踏まえて、まずは、出るところと出ないところをはっきりさせました。そして、典型的なパターンの問題を、画面上で時間の許す限り、解いて見せていきました。数学は、結構考えて解かなければならない問題が多く、難問も出るのですね。

実技は、金田雅史先生。



体力プロフィールテスト7種目について、大学が作成した実施方法のビデオをもとに、実施方法とファールのポイントを説明し、タイシンで実施しているトレーニング方法の一部を披露しました。受講生は、一つ一つの種目で、自分がどれくらいできるかを想像しながら、興味津々。やはり実技がタイシンの一番の特徴です。

以上、講座に参加していただいた方には、充分満足していただけたものと自負していますが、これに参加できなかった方、あるいは参加したけれど、もっと具体的に入試対策の方法を聞きたいとか、実技種目の測定をしたいとか、勉強方法を知りたいという人は、ぜひ次のイベントに参加してみてください。

  
①推薦入試に関わるもの
 10月10日「大阪体育大学実技体験会」ベイコム陸上競技場(尼崎)
 10月23日・30日「大阪体育大学推薦入試そっくり模試」

実技体験会はこちらから⇒⇒⇒
そっくり模試はこちらから⇒⇒⇒
 
②一般入試に関わるもの
 10月1日(土)大阪体育大学入試対策説明会17:00~18:00
 10月2日(日)大阪体育大学入試対策説明会15:00~16:00
 10月4日(火)英語・国語学科体験授業18:00~21:10
 10月7日(金)英語・国語学科体験授業18:00~21:10
 10月6日(木)「大阪体育大学実技体験会」千島体育館

入試対策説明会はこちらから⇒⇒⇒
実技体験会はこちらから⇒⇒⇒
 

コメントする