タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

【代々木校】鈴木宏先生より

カテゴリ:タイシン代々木校
師走に入り、受験生の皆さんはいよいよ最終のツメに入りますね。この時期は学校や塾などでは三者面談が行われ入試本番へ向けての具体的な内容が話されると思います。

まず、「第一志望は絶対変えるな」とお伝えしておきます。順調に成績が伸びてきている人がいる一方、伸び悩みで今後の対策に不安を抱えている人も多いと思います。自分自身の将来の夢実現のため、またモチベーションを下げないためにも第一目標大学はブレないよう強い気持ちでいくことが非常に大切です。

 体育系大学を受ける人の多くは部活などの関係で受験準備が遅れ、勉強量が少ない人という理由で成績結果に反映されていない場合がほとんどです。そういう人は体育系分野を専門にするこのタイシンに来てみて下さい。同じ目標に向けて頑張る仲間がいるからこそ明るく元気でいる中にも真剣に毎日を送れると思います。冬期特訓を通し、効果的な受験対策をし、絶対合格を目指していきましょう。

 タイシンでは冬期特訓が今月より行われます。その期間中代々木校と横浜校では12/21(木)・22(金)・23(土)の日程で、大阪校は12/24(日)・25(月)・26(火)で「直前模試」が行われます。これまでに様々な模試を受けた人もいるでしょうが、こちらは体育系大学の試験そっくりの内容で合否判定が出るものとなっていますので、是非受験してみて下さい。

 最後に、センター試験や2月からの一般入試の本戦まで40日余りとなりました。焦りは禁物です。先ずは以下の3点をしっかり点検しておきましょう。
(1)受験大学のスケジュール
 出願締切日、試験日、合格発表日、 入学金等の支払い期日等の確認
(2)冬期での学習計画
 受験科目の確認、苦手分野の復習、過去問の分析、予想問題への取り組みなど
(3)体調管理
 インフルエンザ対策、実技での怪我防止など

 最近は全学統一試験と個別試験という形式で複数受験の機会を設ける大学が増えています。第一志望大学であればどちらも受験するということになるでしょうが、難易度が変わることが当然予想されるので、過去のデータ等をよく見て、受験対策に臨むことが重要です。また国公立大受験生を含め、センター利用で併願を考えている人は1/15(月)にセンターリサーチが始まりますので、自分の実際の得点とそれに対する合格可能性のある大学を昨年のデータなどを参考に今のうちから事前に確認しておきましょう。
皆さんの健闘を祈っています!

コメントする