筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

【合格体験記】筑波大学体育専門学群 一般選抜合格

カテゴリ:合格体験記
筑波大学体育専門学群
一般選抜合格
214233

体育進学センター 代々木校

中本唯愛さん
千葉県 県立小金高校
バレーボール部

合格大学

筑波大学体育専門学群

受験方式

一般選抜

体育・スポーツ系大学を受験した理由

端的にいうと、スポーツが好きだからです。高2までは理系でしたが、体を動かすことが好きだったので、筑波の体専の紹介動画を見てみたところ、とても興味深く、心が踊りました。それから筑波の体専を目指すようになりました。また、課題研究で動作分析などをしてみて、もっと深く研究してみたいと思ったからです。さらに、部活では、筑波の高いレベルの環境のなかで頑張りたいと思ったからです。

タイシンに入学したきっかけ

保体論述の重要さをタイシンの先生に教わり、早いうちから対策しておくに越したことはないと思ったことです。また、保体論述の授業では、筑波大学の体育専門学群という、同じ志望校のライバルと一緒に高めあえるという点が、モチベーションになるかなと思いました。

体育・スポーツ系専門予備校の対策で良かったこと

心の底から良かったと思うのは友達ができたことです。試験当日一緒に行動してくれたので、本当に心強かったです。もう1つは保体論述です。共テ前の週1の授業と、共テ後の演習セットによる勉強の積み重ねは試験前当日の安心感や自信に繋がりました。

タイシンで1番成長したこと

保体論述での短時間で暗記する能力です。3~5分で覚えて、内容を発表するものでは、緊張感があり、いい練習になりました。また、タイシンではたくさんの人と出会うのでコミュニケーション能力も伸びたと思います。もちろんライバルではありますが、困った時に助けてくれる仲間でもあり、いつも私の支えになってくれました。

受験生活で大切にしていたこと

日々努力を怠らないこと、感謝すること、です。絶対に後悔したくなかったので、どんな時間でも惜しんで勉強していました。また、受験では、家族や先生、友達など、多くの人から支えてもらったり、応援してもらったりします。私は、みなさんに合格で恩返しができるようにと思って頑張ることができました。

来年度のタイシン生にOGOBとして伝えたいこと

私は高3最初の模試から共通テストまでで約200点伸びたくらいですから、なんとかなるもんです。この大学に行くんだ!という強い意志をもって突き進んでいってください。そして、人生で1番頑張ったといえる悔いの残らない年にしてください!

 2022合格体験記



  • 現役科募集
  • 本科募集
  • オンライン実技紹介


コメントする