筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

  • TOP
  • タイシンブログ
  • 【大阪校】佐々木先生より「2023年度 大阪体育大学の入試が変わる!」

タイシンブログ

【大阪校】佐々木先生より「2023年度 大阪体育大学の入試が変わる!」

カテゴリ:タイシン大阪校
http://www.e-taishin.com/common/img/sasaki.jpg

こんにちは。
体育進学センターの佐々木です。


先日、大阪体育大学のオープンキャンパスLIVE配信に参加し、総合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜の入試概要について説明がありました。

早い時期に最新の入試情報を得て、準備していくことは受験生にとっては非常に重要になります。



どんな変更点があるか

総合型選抜編

「自己推薦型」で<資格>や<高等学校での活動>で加点制度が導入予定!


学校推薦型選抜編

「自己表現型」で<資格>や<高等学校での活動>で加点制度が導入予定!

「自己表現型」「体力評価型」は専願制に変更!


今後の影響として、最大25点の加点ということですので、加点が見込めない受験生は不安になる方も多いでしょう。

ただ、大切なのは志願理由書・小論文・面接・学科試験・体力テストなどで、しっかり点数が獲得できるように、今後成長していくことが、合格するためには何よりも大切です。

変更点に臆することなく、大阪体育大学の合格を目指しましょう。


入試要項については、6月頃に発行されるとのことでしたので、改めて確認するようにしてください。

特に最大25点の加点がある<資格><高等学校での活動>については今後注目しておきましょう!

積極的にオープンキャンパスなどに参加して情報を掴むことが必要です。
 



合格するためには評定は必要?

出願に必要な評定がクリアできていれば心配いりません。

総合型選抜では3.0以上、スポーツ科学研究型のみ3.5以上に設定されています。

この基準以上であれば、あとは受験対策で、当日の点数アップを目指しましょう。

http://www.e-taishin.com/diary/img/%E3%80%90%EF%BC%91%E6%9E%9A%E7%9B%AE%E3%80%912022.03.24sasaki1.png



評定が足りない場合は?

学校推薦型選抜の受験を考えていくようにしてください。

この場合は、小論文・面接試験で学科試験をカバーできるように「自己表現型」、または体力テストがある「体力評価型」の受験対策をしていくことが大切です。

それぞれの状況にあった受験方式で受験していくことが大切です。

学科対策は、大阪体育大学に合った傾向で勉強を進めることで、合格は十分可能です!!

http://www.e-taishin.com/diary/img/%E3%80%90%EF%BC%92%E6%9E%9A%E7%9B%AE%E3%80%912022.03.24sasaki2.png



どの方式で受験すればいいの?

①まずは総合型選抜。

大阪体育大学の受験では、総合型→学校推薦型→一般選抜の順に受験をしていきましょう。

理由は、競技実績がなくても総合型選抜に向けた対策をし、力をつけていけば十分合格は狙えます。

また、この総合型選抜で対策をした内容は、次の学校推薦型選抜に生き、学校推薦型選抜で勉強した内容は、最後の一般選抜で生きてくるからです。


②実技を使う。

皆さんの大好きな運動を生かして受験戦略を考えましょう。

学校推薦型選抜では体力テスト、一般選抜では体力プロフィールテストという実技試験があります。

実技試験では当日の記録が得点化されるので、受験日までに記録を伸ばすポイントやコツをマスターして、得点を伸ばしていきましょう。


さらに詳しい内容や受験対策については、オンラインの無料イベントにご参加ください。

大阪体育大学の合格に向けた、専門予備校ならではの内容になっています。




ご相談はこちらから!


コメントする