筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

【大阪校】戸水先生より「第2回校内模試」

カテゴリ:タイシン大阪校
http://www.e-taishin.com/common/img/tomizu.jpg

タイシン大阪校英語科の戸水です。
宜しくお願いします。


6/8(水)に本科生を対象に「第2回校内模試」が実施されます。

科目は国語、英語、数学の3科目です。

対面クラスではこの試験の成績をもとにクラスが決まります。

現在のクラスから上位のクラスに上がりたいと考えている生徒にとっては二度目のチャンスです。

オンラインコースの生徒は試験もオンラインで受験します。

対面で授業を受けている生徒と同じ時程でZoomにつないで手元を画面に映しながら受験します。

授業で習ったことが試験で出題されるので皆真剣に授業を受けています。

オンラインコースの生徒の中には教室で授業に参加している生徒もいます。

http://www.e-taishin.com/diary/img/%E3%80%90%E5%86%99%E7%9C%9F1%E3%80%9120220606%20tom1.jpg

http://www.e-taishin.com/diary/img/%E3%80%90%E5%86%99%E7%9C%9F2%E3%80%9120220606%20tom2.jpg



現代文の問題では漢字と語句の分野から20点分が出題されます。

英語の問題では文法50点、読解50点という配点になっています。

英語の文法の試験範囲は不定詞、分詞、動名詞です。

センター試験から共通テストに代わって、文法の勉強が手薄になっている印象があります。

80分の時間内に正確に読み切ることができるようになるためには

文法の知識が不可欠です。

1期のあいだに単元ごとの基礎知識をしっかりと定着させることが重要です。

特に英語、国語、数学の主要3教科については夏までは毎日授業で習う内容を理解して

夏以降の実践演習に備えていく必要があります。

そのためには毎日習ったことの復習を丁寧にやっていくようにしましょう。



昨年からタイシンではStudyplusを活用して生徒の学習管理を行っています。

毎日記録された学習内容と学習時間から生徒一人一人の状況を確認することができるので

個人面談において一週間の振り返りがしやすくなります。

今回の面談では授業の復習に一番時間を掛けている生徒がほとんどでした。

学習内容と学習時間の記録をつけることで

今週はどこが上手くいったのか、逆に上手くいかなったところはどこなのか、

その原因は何なのかといった分析を行い、次週に向けた学習プランを立てやすくなってきます。

各生徒がきっちり自分の学習管理を行うことで

勉強の内容がどんどん良い方向へと向かっていくようになります。



今回の校内模試に向けた準備は万全ですか?

今一度最終確認を行って、試験当日はよいパフォーマンスを発揮できるよう頑張っていきましょう。



6/12から6/27の期間において

高校生と保護者の方を対象とした

体育系大学の入試対策説明会も行います。




個別進学相談会LINE進路相談も随時実施しています。

http://www.e-taishin.com/event/common/img/%E5%80%8B%E5%88%A5%E9%80%B2%E5%AD%A6%E7%9B%B8%E8%AB%87%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC.jpg http://www.e-taishin.com/event/common/img/linesoudan.png


夏期プレ(夏期講習会無料体験授業)の受付も始まっています。



ご参加をお待ちいたしております。


イベントのご案内


コメントする