筑波大学 体育専門学群、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生のための専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

  • TOP
  • イベント
  • 筑波大学 高3コース 保健体育論述 体験授業

筑波大学 高3コース 保健体育論述 体験授業

更新日: 2023年12月26日 15:35
http://www.e-taishin.com/event/common/img/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AF%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F_%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC.jpg


  • 入試実技対策でタイシンが選ばれる3つの理由
  • 筑波大学体育専門学群 入試説明会&体験授業&個別相談
  • 現役科募集




筑波大学 現役高校3年生コース 保健体育論述案内

http://www.e-taishin.com/event/common/img/tsukuba.geneki.ronjutsu.jpg

筑波大学体育専門学群の入試

共通テスト700点・2次試験700点。

他学部の入試との違い

共通テストと2次試験に相関関係がないこと。

他学部は、共通テストで使用した教科(英語や数学など)が課されますが

体育専門学群は、共通テストとは全く異なる、実技が2種目、保健体育に関する論述試験(100点)が課されます。


タイシンでは、共通テスト対策だけでなく、
早期の2次試験対策を勧めています。


早期に対策を始める理由は?

毎年、共通テストの得点が悪いと、(足切りになって)2次試験に向かうことはできない、なので2次の対策どころではない、と考える生徒さんがいます。

しかし、それは間違っています。

ここ2年間の2段階選抜実施状況を見てみると、52%(360点)くらいが足切りラインのようです。(大学は非公表 タイシン調べ)

ということは、このラインを超えれば2次試験を受験できるのです。つまり、このライン越えが見えた人は2次試験の対策に早期から取り掛かることが重要となります。

実技試験対策

種目選択と対策が重要になります。

対策をすることで、得点を伸ばすことは可能ですが、採点が相対的なものでもありますし、受験生自身の当日の体調や天候によっても左右される可能性は否定できません。

保健体育に関する論述試験対策

高校で使用した保健体育の教科書から出題されます。

しかも古典や数学と同様に100点の配点があります。

範囲も狭いですし、きちんと対策していれば「知らない問題が出た」「解けない問題があった」いうことはありません。

つまり、満点を目標とした高得点を狙えるのです。実はタイシンから多数の合格者が出ている秘訣の1つがコレです。

体験してみよう!

まずは、保健体育に関する論述試験はどんな試験なのか、どのような対策をすればいいのか、知っておきましょう。

ぜひ、タイシンの無料体験授業に参加してみてください。

今後の対策の指針になることを約束します。


体験実施日(1日のみ参加)


12/3(日)・9(土)・16(土)・24(日)
18:00-19:30


早期対策が合格の鍵

可能ならば、週1回は、無理やり保健体育に関する論述試験対策の時間を作りましょう。

確実に高得点を狙えるのですから。

効率よく対策をしたい人は、講座受講の検討をお勧めします。

入学金減免制度

イベント参加者限定
入学金減免制度
タイシンのイベントに参加し1ヵ月以内に入学願書をご提出いただくと、通常60,000円の入学金が40,000円に減免されます。(減免額 20,000円)
入学についてはこちらからお気軽にご相談ください。




担当者紹介

有田

有田 祥太

市村

市村 純也

奥野

奥野 翔也

お気軽にご相談ください!

筑波受験に関することならタイシンになんでもご相談ください!


このコースを見ている人はこんなイベントも注目しています



著者:体育進学センター